横浜育ちのブルーダルが写真の被写体になりました

初日の出とブルーダル
スポンサーリンク

ブルーダルは横浜生まれの横浜育ち 風景などを撮影するのがあまり好きではなく、人の後姿を入れた写真や子供の何気ない一面を撮影したりするのがとても好き。 そんな訳でどうしたら風景などを楽しく撮影できるだろうと常々考えておりました。 そしていつものようにカメラを片手に横浜中華街へ立ち食いを楽しみにいき、赤レンガ倉庫をブラブラしていて出会いました。

横浜育ちの青い斑点模様のダルメシアン「ブルーダル」が被写体になってくれました

ブルーダル「BlueDal」

ブルーダル君(ブルーダルは男の子です)は横浜育ちの青い斑点模様のあるダルメシアン、その昔馬車の先導犬として活躍していたそうです。 詳しくは公式HPへヨコハマ、大好き!- ブルーダル ブルーダルはダルメシアンと言うことで、どんな犬なんだという方は以下ウィキペディアをご覧ください ダルメシアン – Wikipedia また有名な童謡?で101匹のわんちゃんの主人公でもあります101匹わんちゃん – Wikipedia

ブルーダルとのはじめての出会い

横浜赤レンガ倉庫をブラブラと家族で歩いているときに出会いました。 マーブルチョコがブルーなんですよね、そこにキーホルダー型の小さいブルーダルがいて「かわいいな~」と思い店内をキョロキョロしましたら丁度良い大きさのブルーダルがいました。 お値段は1500円ぐらいだったでしょうか? チョコよりもブルーダルの可愛さに目がいき、その時思ったのが「被写体に出来るかも?」でした。 今ネットの写真を見渡すと被写体として有名なのが「ダンボーダンボー – Google 検索」まぁ検索すると出るわ出るわで二番煎じ所の話じゃないわけで、同じものを使うのにとても抵抗がありすぎる有様でした。 そこで出会ったのがブルーダル、なんとも可愛いです。 娘たちの手前なかなか欲しいと言えませんが嫁さんに耳元で「ブルーダル欲しいんだけど」とお願いしました。

ブルーダル購入後すぐに被写体になってくれました

風景写真ってほんとに気が進まなくて中々撮影出来ません、これは性格にもよるんでしょうね。 そこに家族や子供たちが入ればいくらでも撮影が出来るのですが風景のみっていうのは難しいです。 そんな風景撮りもブルーダルを少し入れてあげれば撮影する気が起きるのが不思議なところ。 早速やってみました。 ブルーダル 購入後すぐに開封して嫁さんが肩に乗せたのですぐにパシャリ。 めちゃ良い感じです、それよりも子供たちがうるさいですが・・・ 海とブルーダル 海の風景もブルーダルがいなければたぶん撮影していなかったかもしれません。 ブルーダルと赤レンガ 赤レンガ倉庫の窓に座らせるとそれだけで絵になります。 窓際に座るブルーダル なんだか急にやる気が出てきた感じで良い。 ブルーダルと観覧車 たぶんブルーダルがいなかったらこんな構図は考えなかった写真。 背景に観覧車をボケさせて撮影、ちょっと写真が暗いですが最初はこんなもんですよw とても良い感じです。

今後はブルーダルが被写体

今後はこのブルーダルを連れて撮影していこうかと思います。 いい歳したおっさんには似合わないかもしれませんがいいんですよ、この子がいればやる気が出るからですw 何事もやる気を出させてくれる何かがあればそれで良いんです。 ほんのちょっと、小さなキッカケが大きく飛躍するかも知れませんからね。 ブルーダルに出会いの感謝です。

スポンサーリンク
初日の出とブルーダル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です