一眼レフカメラ購入計画が崩壊・・魔の一日が襲ってきた

D5500バリアングル液晶
スポンサーリンク

ミラーレス一眼カメラを購入してレンズも3本購入して毎日楽しんでいます。

そんな中なんとなく一眼レフカメラにしようかな~と言う軽い気持ちで今年一年の間に20万ぐらいお金を貯めていました。

仕事で得る収入は基本家庭に入れ、そのほかで別の収入源を作って毎月少ないながらもコツコツと貯金しておりましたがある日突然訪れた不幸で貯めていたお金が一瞬で消えることになりました><

車の修理費などで貯金が一瞬で消えて一眼レフカメラ購入が泡になった日

オイル交換へ行く

車って田舎町に住む人間にとってはとても重要で無いと困るのですが、まぁ無くてもやってはいけますけど趣味で使うのでやっぱり必要ですw

とくに釣りを趣味としているので車は欠かせないです。

カヤック積んだり、釣り道具積んだりしたらそれだけで車は満載になりますからね。

そんな愛車のオイルを交換しようとオートウェーブへ行きました。

基本、車にはあまり興味が無いため掃除や洗車もほとんど自分でやったことがありませんがオイル交換はしないといけません。

オイルエレメントとオイルの交換を7000円ぐらいでしてもらいましたが店員さんに言われました。

「エンジンの警告等がついてますよ」と、あの黄色いランプのことかな?

警告ランプ

↑これね、あぁそういえば何日か前に点灯したけど消えたはずだった。

お店の人「エンジンを掛ける時に挙動はなかったですか?」

僕「そういえば挙動っていうかエンジンのかかりがワンテンポ遅れることがある」

お店の人「バッテリーももしかしたら弱いのかも」

となりまして、警告等はすぐに小さなコンピューターで計測してもらうとエンジンに空気を吸い込む何かが異常と出ました。

ほかにも4箇所ぐらいで異常の数値が出ました。

バッテリーに関しては5年間一度も交換はしていなかったので調べてもらうとかなり弱った数値になっていて、これが原因でエンジンのかかりが弱いのでは?となりすぐに交換してもらいました、これで20000円ちょっと。

痛い出費でした・・・約30000円ほどがこの師走の時期に出ていくとは思ってなかった。

ついでエンジンの異常を調べてもらうために修理工場へ。

すると部品代が30000円+工賃が10000円で合計4万円掛かると言われましたが、年末のこの時期なので考えるまでもなくすぐに修理依頼をしました、帰省時に車が無いのはマズイです。

4人家族と犬と猫がいますから会社の軽自動車では帰れませんw

これで一度に7万円の出費になりましたが来月1月は車検です、車検はさすがに家計から出して貰いますが、なんとタイヤが車検を通らない可能性が見えてきました。

で、今ココですw

タイヤ交換したらどれぐらい取られるのかはわかりませんが貯金が半分以下になってしまい一眼レフどころでは無くなりましたよ。

一眼レフカメラ購入は計画的に

趣味に使うお金って大事ですね、でも後先考えずにローンを組むのは嫌なので全ての趣味道具は現金一括にしています。

一眼レフカメラぐらいならローン組んでも良いんでしょうけどやっぱり計画的にお金を貯めて買うほうが楽しいから一から貯金していきます。

でもたぶんですが来年は購入する予定になります(もちろん色んな妥協点を探りながらですが)

機種はまだ未定ですが・・・ニコンD5500ダブルズームキットを購入、そしてα6000とお別れと言うことでD5500を購入しましたー

一眼レフカメラやレンズを買うための軍資金を捻出する方法を一つと言うことでここで保険のことがすぐに頭に入り実際に保険屋を呼び出してお金を工面しました^^;

スポンサーリンク
D5500バリアングル液晶

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です