「大町自然観察園」カワセミとモズとルリビタキと遊びました

大町自然観察園
スポンサーリンク

すっかり野鳥撮影が楽しくなったので、今回はカワセミとルリビタキを撮影したい。

今週は夜間仕事ばかりしていて昼間は暇なのです(年寄りはあまり眠れないのですw)

木曜・金曜と昼間一人で撮影して楽しみました~^^

で、手賀沼方面へ行って先週見たカワセミさんがまだいるかな?と思って通ってみるといました。

ですが強風でとてもとても無理です、一応カメラを持ち出してパチリしたんですが、家で下の娘にダメ出しされるぐらいヒドイ出来ばえになりました。

D5500+キット望遠の55-300が軽すぎるのです(笑)

焦点距離が長くなるのは嬉しいのですが、カメラを構えた時にレンズが軽くて全然定まらず、強風も重なりヒドイ写真連発(カワセミは止まっているのにw)

と言うことで今回はD5500+タムロンA009の70-200(105-300)と少し短くなりますが、軽すぎるレンズよりマシと思って3時間ばかし一人で遊びにいってきました。

カワセミ初対面ルリビタキこんにちわモズさん初対面

入り口から園に入ってすぐにカワセミ発見

老眼ですが遠くはそれなりに見える僕です、園に入ってすぐの水辺でカワセミを発見しました。

20170203-DSC_3568

たまたま飛んだ時だったので気がついただけなのですが、開始10分もせずにすぐにカワセミに会えるとは思わなかった。

ジーーッと見ていると狩りの最中のようで、視線は水辺です。

20170203-DSC_3570

撮影場所から距離はあるし被写体は小さいけど、超望遠なんてのはまだまだなので我慢して撮影してトリミングです。

ですが一応調べておりますがw

鳥を撮影したい!超望遠レンズのおすすめは?10万前後で買える3種類 | カメラアマ

キットの望遠レンズより重さもあってやはりシックリきます。

20170203-DSC_3572

チョコマカと動き回って餌を探しているのでしょうか?

時折風が強くふくので我慢しているのかはわかりません。

20170203-DSC_3580

カワセミって羽の色がキレイで派手だから見つけやすいけど、茶色い羽だったらたぶん見つけられないかも知れない。

この後何枚も撮影しましたがほとんどがピンボケで使えませんでしたw

モズ(たぶん♀)近い所で出会いました

20170203-DSC_3588

カワセミが逃げ去った方向には、先週出会ったルリビタキさんがいるので当たり前のようにゆっくり歩いて進む。

途中バラ園を過ぎて葦?の茶色い場所に来るとモズさんがいました。

♂なのか♀なのかは知りませんが、とりあえずモズだとわかったので静かにレンズを向ける。

20170203-DSC_3606

かなり近い距離にいるんですが、静かにしていれば問題ないようです。

20170203-DSC_3610

モズさんもガサガサ動かなかったら気がつかないレベル。

超鋭そうなクチバシがカッコイイですね~、小さい鷹みたいな感じ。

20170203-DSC_3613

横からのシルエットじゃなく後ろを向いたときだと、本当に同化していてわからない。

たぶんさっき見つけたカワセミさん

20170203-DSC_3643

大町自然観察園の中に何羽のカワセミがいるのかはわかりませんが、たぶんこのカワセミはさっきの奴じゃないかな?と勝手に想像する。

20170203-DSC_3662

小さい池で狩りをして今度は湿地の中で休んでいるのか?結構近くで撮影出来た。

ルリビタキさんと再会

20170203-DSC_3733

来た当初は全然現れてくれなくて、カメラマンさんが鳥を待っているシーンを見ていてなんとなく待つ気持ちがわかりました。

およそ1時間ぐらいグルッと園を周り、最後にもう一度行って少し待ってみるか?

と言うことで一人で暇にしていたら野鳥愛好家のおじ様が一人やってきて色々教えて頂きました。

モズの♂♀の見分け方とか、ありがたいです。

と教えを受けている最中にルリビタキさんがやってきました。

やはり同じ場所にやってくるんだな~

20170203-DSC_3720

野鳥愛好家のおじさんいわく、誰かが餌をあげている可能性があるみたいでここに出没するらしい。

出て来てくれたのは嬉しいのですが、近寄ってくれずそのまま藪の中へ行ってしまいました。

残念ですが、これにて撤収。

帰り道でまたモズさんとカワセミさんと遭遇

20170203-DSC_3755

たぶんさっき見つけたモズさんでしょう、ほとんど同じような場所にいました。

クチバシの先っぽが鋭くてカッコイイ鳥さんです。

20170203-DSC_3758

僕の姿に慣れたのか?逃げずに獲物を探していました。

またカワセミさん

20170203-DSC_3775

カワセミを待つカメラマンさんが多い大きい池でまたカワセミさんと遭遇。

さっきのと同じ個体かどうかまではわかりませんが、同じような気がします。

20170203-DSC_3804

このさいなんだって構いません、撮影が出来ればなんでもこいなのです。

飛んでいる姿を撮影するにはまだまだ修行がいりますね。

ファインダーで覗いていても個体が小さくて、ピントが合っているのかどうかすら怪しい感じです。

帰り道でガサガサやっていた鳥さん↓名前は知りませんが怒っているみたいですw

20170203-DSC_3838

今回はこれにて終了、お昼ご飯も食べずに3時間ぐらい歩き回ったので疲れましたが、とても楽しい撮影でした。

野鳥撮影で使った機材

超望遠レンズが買えないので当分の間、一人で撮影に行くときはD5500+タムロンA009のセットで行こうと思います。

重さは3時間ぐらいではあんまり感じませんでした。

今回の気づき

野鳥という小さい被写体の場合、オートフォーカスが合っているのかどうかが全くわからないですw

望遠が足りないのですごく小さくファインダーに写っているのですが・・・これが三脚固定でライブビューでピントあわせが出来るのなら問題はありませんけど・・・

なんとなく合わせている・・・と言うのが正しい感じで、結局はマニュアルで合わせることが多い今日この頃でした、とわいえそれでも合ってるのかわかりませんw

野鳥撮影スポット「大町自然観察園」でルリビタキに出会えた | カメラアマ

野鳥撮影「メジロ」を求めて南房総の抱湖園へ行くとワンサカいた | カメラアマ

野鳥撮影「ニシオジロビタキ」をD5500+55-300キットレンズで撮影 | カメラアマ

野鳥撮影の初心者が清水公園で望遠手持ち撮影でピンボケ量産中 | カメラアマ

スポンサーリンク
大町自然観察園

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です