FUJIFILM XF16mmF1.4 R WR購入1年レビュー

XF16mmF14レビュー


スポンサーリンク

富士フィルムの広角単焦点レンズと言えば、僕にとってはXF16mmF1.4 R WR

購入から一年以上が経過しているが、今だにレビューを書いていない事に気がついた(笑)

X-Pro2と同時に購入したレンズなのですが、今だに飽きもせず使っている。

標準ズームのXF16-55もすこぶる使いやすかったのですが、星を撮りたい僕にとってXF16mmはなくてはならないレンズなのです。

と言う事で、今回は一年以上使ってきたので使用レビューを書いていきます。

が、いつも通り難しい事は書けないのですが読んでみてください(笑)

(他のXFレンズのレビュー記事)

FUJIFILM XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR購入レビュー | カメラアマ

FUJIFILM XF16-55mmF2.8 R LM WR購入レビュー | カメラアマ

(富士フィルムのレンズの話)

「X-Pro2とレンズ」おすすめXマウントのレンズ構成 | カメラアマ

XF16mmF1.4 R  WR使用1年レビュー

XF16mm F1.4 R WRの特徴

  1. 15cmまで寄れる接写が得意なレンズ
  2. AFも速い
  3. 防塵防滴、耐低温構造
  4. コンパクトサイズ
  5. 別売りで角型レンズフード
  6. 被写界深度目盛付きのフォーカスリング

いろんな特徴があるようですが、そんなにたくさんのレンズを使っていないのであまりわかっていない。

使っていて感じるのは、AFは普通に速いな~と感じるし、めっちゃ寄れるし、コンパクトだし、雨が降っても怖くない。

現在は、常用でX-Pro2に付けっ放しにしているレンズです。

XF16mmF1.4 R WRのスペックは?

スペックの詳しい情報は、FUJIFILMのサイトへ飛べば詳しく書いてあります。

ここでは僕の気になる仕様部分のみを抜粋して掲載しています。

焦点距離 16mm(換算24mm)
開放絞り F1.4
絞り羽根枚数 9枚(円形絞り)
最大撮影倍率 0.21倍
撮影距離範囲 15m~∞
フィルターサイズ ø67mm
長さ 73mm
質量 375g 

XF16mmF1.4 R WRのデメリット

  • お値段が高い!
  • フォーカスリングが軽い

と言うことで、まずはデメリットからです。

うーん、、、使っていてデメリットをほとんど感じないのですが、ピントリングが軽いかなーぐらい。

あとは、お値段が少々高いかなーと思うぐらいです。

16ミリ単焦点と16-55ズームの金額の差が一万円ぐらいなので、どっちか一本となると普通は16-55ズームになると思います。

それでもあえてXF16mmを購入するには訳があるわけです。

F1.4の明るいレンズで、お星様を撮りたいし、やっぱり高画質な写真が撮れる単焦点レンズは必要。

僕の撮影スタイルだと手振れ補正はいらない。

XF16mmF1.4 R WRのメリット

  1. F1.4の明るいレンズ
  2. 絞りリングがある
  3. 軽くてコンパクト
  4. カメラとのバランス良し
  5. 寄れるめっちゃ寄れる
  6. レンズのフォーカスリング

レンズには絞りリングとフォーカスリングがあるが、余計な他のスイッチが無いのがメリット。

個人的にレンズにスイッチがあると、切り忘れ入れ忘れが発生するので好まないです。

またコンパクトで明るく寄れて背景がボケるレンズ。

わかりやすい写真だと以下のような感じ。

寄ってコスモスを撮影。

思っている以上に寄れる(レンズフードが被写体に当たるぐらい)、広角レンズなので背景もちゃんと入って広い範囲を写し込む。

マクロ的な使い方も出来るし、風景撮影でも使えるしスナップでも行ける。

お散歩にも使えるし、お花の撮影も出来るし、テーブルフォトでもOK。

意外となんでも撮影できるので、家族のお出掛けにコンデジ代わりに持ち歩けるのが良いです。

XF16mmF1.4をX-Pro2に着けてみる

X-Pro2使用1年レビュー

レンズが小さ過ぎず大き過ぎず、丁度良い感じのバランスだと個人的には思う。

ただOVFで使いたい場合は多少干渉する↓

OVFでは若干の干渉がある

僕の場合はEVFでしか使わないので、これはデメリットにはならないのです。

X-Pro2のデザインは最高

XF16mmF1.4 R WRのパース

フルサイズ換算24ミリなので、そんなに強烈なパースにはなりません。

それでもパースがついてくるので楽しいです。

近くの物は大きく遠くの物は小さくなるので、強調したい被写体がある場合は、寄って撮ると楽しいです。

XF16mmF1.4 R WRのテーブルフォト

家の中暗いですし、いつも困ってます(笑)

XF16mmF1.4のテーブルフォト XF16のテーブルフォト

我が家のテーブル周りは結構暗いんですよね、なのでキッチンのライトなど色んな所の電気を点灯させてようやくなんとか撮影できる感じ。

ストロボがあれば良いんですが、富士用のは持っていないのでF1.4の開放でほとんど撮影している。

XF16mmF1.4の可愛く美しい玉ボケ

ぐぐぐぐっとX-T2に寄ってパチリ、F1.8で可愛い玉ボケ。

もちろんこのレンズで夜景だって簡単に撮影可能ですよ。

単純なのでただ美しく可愛いなーと思っています(笑)

こちらも他に作例があるのでどうぞ→「キラキラ夜景写真が撮りたい」カメラ初心者でも撮れる撮影のやり方 | カメラアマ

風景や天の川などなんでもござれのXF16mmF1.4

レンズが防塵防滴なので飛沫なんてこわくないっす。

グイグイ行ける感じです。

記事を書いているのでそちらでもどうぞ→富士山を撮りに行ったのに白糸の滝しか撮影出来なかった週末 | カメラアマ

星グルグルだって美しく撮影できる。

自宅のベランダにほったらかしにしておけばOK

当たり前のように天の川だって撮れるのです。

と言うかその為にこちらのレンズを購入したわけです。

F値が1.4だとお星様も捕らえやすく、シャッタースピードも少し稼げます。

記事を書いています→3月の天の川が見たくてまた雀島へ行ってきた | カメラアマ

XF16mmF1.4 R WRで撮影した作例

本来であればレタッチ前の写真の方が良いと思うのですが、今回はほとんどレタッチ後の写真を掲載しています。

広角レンズが苦手な方へアピールするためですw

嘘は言いません、マジで楽しいので是非とも見てくださいね^^

筑波山とポピー→小貝川ふれあい公園とあけぼの山農業公園でポピー三昧の週末 | カメラアマ

スナップで横浜→「X-Pro2作例」横浜中華街で食べ歩きしながらスナップ撮影 | カメラアマ

小学校の机

教室の床

道端の紫陽花をスナップで

綺麗な背景ボケ

他にも多数の作例→2017紫陽花撮影スポット松戸市本土寺(あじさい寺)へ行って来た | カメラアマ

ISO感度12800で撮影した開放の写真

他にも作例があるよ→「ディズニーランド」X-Pro2でスナップ撮影が楽しい | カメラアマ

花の撮影も広角で!

他にも作例多数→花の撮影にマンネリ感が出たら広角レンズで接写してみよう | カメラアマ

24ミリなら天の川もそれなりに入る、縦にすればかなり入る

縦ならこんな感じ↑

超広角過ぎると天の川が小さくなってしまう。

なので最近は20ミリから35ミリぐらいで良いんじゃ無いかと思っている。

他にも作例がありますよー4月の天の川を大山千枚田と野島崎灯台で撮ってきた | カメラアマ

9枚羽根の光芒の美しさも良し、光芒の出方で決める人もいると聞きます。

9枚羽根なので光の筋が倍の18本。

キラキラしているのが好きです。

この写真も他に作例ありです→三郷ジャンクション夜景と車の軌跡レーザービームを撮影 | カメラアマ

コスモス可愛いです

開放F1.4で太陽ピーカン時に撮影すると真っ白になる可能性大なので、NDフィルターや、C-PLフィルターは持っていた方が良いです。

この日のコスモスはC-PLフィルターを装着して撮影しています。

フィルター径は67mmです、間違えて購入しないようにしてくださいねー

雰囲気良し

コスモスも作例多数です→佐倉ふるさと広場とあけぼの山農業公園のコスモス2018 | カメラアマ

テーブルでXF16

テーブルで寄ってパチリ

誕生日もXF16

広角レンズが苦手

カメラをはじめたばかりの頃は広角レンズが苦手でした。

望遠レンズは意外と、とっつきやすいのですが、広角レンズって無駄に広くなってしまって苦手意識があった。

で、今はどうかと言うと好んで使っているわけで、是非とも広角レンズが苦手だなーと思っている方に使って欲しいなと思います

記事の上の方で紹介しているそれぞれの作例を見返してみるとわかるのですが、基本的になんでも撮影できるレンズです。

広角レンズは広い風景だけで使うレンズでは無いです。

もし広いと感じるなら寄れば良いだけなのです。

スマホだってほとんど変わらない焦点距離(28前後ぐらい)なので、スマホ代わりでもOKですよ。

購入レビューまとめ

富士フィルムの広角単焦点レンズを選ぶなら、コレ一択と言っても良いぐらいのレンズです。

ズームレンズや他の単焦点だとF4だったり、F2.8と少し暗くなってしまうのですが、暗い場所で撮影しないのであればズームでOK。

広がりのある花畑の撮影で、フンワリ明るく背景ボカして撮るならこのレンズが好きです。

またフルサイズ換算24ミリの天の川も好きです。

一度お試しあれ。




スポンサーリンク

XF16mmF14レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です