Lightroom初心者が体験版を初めて使って出来上がった写真はこんなもの

Lightroom開いてみる
スポンサーリンク

この間Adobeの写真加工ソフトLightroomCCと言う体験版の物をネットからダウンロードしてインストールしました。

前回のインストールの仕方で掲載したんですが、ユーチューブの中でこのソフトを使っているシーンがあったのでわからないながらもなんとなく動画を見ながら順番に使ってみたんです。

ほんとだったら説明書みたいな物を用意して読んでからのほうが良いんでしょうが、説明書を読まない僕はそのまま行き当たりバッタリで挑戦したんです。

感想としてはこのソフトに依存すると、たぶん撮影が下手になるんじゃないかと思いました^^;

それぐらい加工がなんでもできちゃうのです。

Lightroomは写真のピントさえ合っていればなんでも加工出来ちゃいそうです

わからないながらもLightroomで加工してみました

元画像

加工してみようと思ったのはとりあえずこちらの斜めスカイツリーです、初めての夜景撮影でスカイツリーを撮ったんですが斜めになってますね。

なぜか斜めになっていますがこういうのも簡単に修正出来ちゃうので驚きました。

Lightroom開いてみる

Lightroomを開いて加工したい写真を呼び出します。

画像には写っていませんが「右上にある現像ボタン」を押してスタートするようです。

現像ボタン押して基本補正

「現像」の次は右側にある「基本補正」からああでもない、こうでもないとイジリ倒していくようで、都度色が変わったりして楽しいです。

Lightroomがわからなくても適当に触ると変わる

いかんせん機能が多いでしょうし、さっぱり勉強しないで触っていてどう使っていいのかさえわからなくても上の画像のように元画像と比較したりすることが出来るんだから恐ろしいですね。

いろんなボタンをポチポチやったり、元に戻したりして少しずつ覚えるしかありません。

それでもなんとなく加工出来ちゃうのがすごい。

傾きも微妙に修正出来る

個人的にこのLightroomの機能の中で一番コレ良いな~と思った機能は傾きをめちゃくちゃ微妙に細かく修正出来る機能でした。

これで水準器とかいらね~・・・なんて言ってる場合じゃありませんが・・

素人がわからないながらも加工した写真

加工した写真

上の画像は108KBに圧縮しています。

たぶんうちの奥さんとか子供だったら「キレイ~」と言う初心者レベルの話ですが、十分だと思うわけです。

これは個人的にとても楽しいわけですが月に980円払うとなると話は変わりますね。

それならいっそソフトを購入したほうが良い気もしますし・・・難しいところです。

今まで一度も加工をしたことが無かったので、まだまだRAWで撮影すること自体あまり無いというか癖になっていないですし、そんなに重いデータの置き場所も無いです。

そんなわけでLightroomを検討される方はとりあえず「体験版」を30日間使ってみて「欲しい」と思ってから購入するなり、月契約することをおススメします。

その他2枚の写真加工

スカイツリー横向き

上の画像は60KBに圧縮しています。

横向きのスカイツリーをあんまり明るくしない、青くしないで加工してみました。

ちょっと暗かったと反省。

スカイツリートとアサヒ横向

上の画像は84KBに圧縮しています。

吾妻橋からのスカイツリーとアサヒのウンコモニュメントです。

これはちょっと派手目にして遊んでみました~やればやるほど漫画みたいになるし、どうしたら作品っぽくなるのかはわかりませんし、そんなセンスもないのが悲しいです><

ってかこのソフトを使っても白く光ったモニュメントを直すことは出来ないみたいだと気がつきましたw

この写真もかなり傾いていたんですが後から傾きを修正出来るって本当にラクで良いです。

この写真を撮影したときは水準器を買おうかと思っていたぐらいですが、ソフトで修正出来るならいいか?と思いましたよ。

今回のまとめ

上の画像の出来不出来はどうでも良いです。

中には写真を加工すること自体に嫌悪感がある人もいるそうですが、これはこれで写真の楽しみ方の一つです。

まだ現像ソフトを使ったことの無い人であれば例え素人が初めて使って遊んでみてもこんなに写真が変わるんだと言うことを伝えたいだけなんです

マニュアルとか読んでませんし、参考書ももっておりません、それでも素人さんならキレイと言いそうなレベルで加工が簡単に出来ると言う事実を知って欲しいです。

まじめに勉強してソフトの使い方を覚えるのも良いでしょうし、今度撮影した写真を自分好みに加工したいとかあれば是非とも使ってみてくださいね。

個人的にはこのソフトがあると写真をまっすぐ撮らなくなりそう、ホワイトレベルとか気にしなくなりそう・・・と言う思いがしてなりませんが(笑)

いずれにせよ自分で撮影した失敗感のある写真を加工して、キレイにする作業は結構楽しいのですが、これのお陰で時間を使いまくることには注意したいです、土曜日と日曜日はほとんどコレやって遊んでいました(娘がインフルエンザで外出禁止の為)

中毒にはお気をつけください・・・

スポンサーリンク
Lightroom開いてみる

2 件のコメント

  • Lightroomの導入を検討していたので参考になりました!

    JPEG撮って出しを強調する方おおいですよね。フィルム世代かカメラそのもののスペック至上主義者なのか・・・・自らの腕前で狙った写真を撮れることは称賛しますけどね。それにしてもアプリケーションで加工することへの嫌悪感がすごすぎます。

    デジカメで撮影している以上、内部の画像エンジンがそれっぽく仕上げてくれてJPEG現像しているということを考えると、本当の撮って出しなんてフィルム以外にはありえないと思ってる私としては、「写真の楽しみ方の一つ」に大賛成です。

    ぐだぐだとつぶやいた背景には、最近撮って出しが強調されている写真の内で本当に「すごい!」と思える作品がほとんどないということに気づいてしまったのですよね。

    • 40のおじさんさんコメントありがとうございます

      写真の合成とか加工はやっている本人の楽しみ方の一つだと思っているので、好きにしたら良いと思っています。
      ときおり合成自体を否定している発言も見受けられますけど、自由で良いと思う。
      そういう意味でもライトルームはいろんな事が出来て楽しいっすよね^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です