TOLOTフォトブックで帰省の時に家族の1年を見せて親孝行

TOLOTフォトブック
スポンサーリンク

最近はデジタルカメラで撮影をしてたくさん写真を撮りためてはいるんですが、あんまりプリントしないとか、過去に撮影したものは暇な時に見る程度。

せっかく家族の1年を撮影したのであればプリントしてみませんか?

お値段も500円あれば作れますし、実家に帰省するときにおじいちゃんとおばあちゃんに孫の1年を綴る写真をあげると言うのも親孝行ですよね。

そんなわけで我が家では家族の1年を綴った写真集をTOLOTフォトブックにしてあげていますし、正月は正月だけの写真集なんかを作って送っています、値段も安いし大きさも手帳ぐらいのサイズなので邪魔にならないし親孝行も出来て良いことばっかりです。

TOLOTフォトブックで親孝行と思い出を振り返る12月

フォトブックは手軽で安いけど作るのは結構手間がいる

公式サイトで詳しく見るフォトブック・フォトアルバム500円TOLOT

公式サイトで作る手順などは見てもらうとして、ここではどんな雰囲気なのかをお伝えしておこうかと思います。

TOLOTはスマホ用アプリもあるのでパソコンじゃなければ作れないわけではありません。

実際うちの奥さんはスマホのみでアルバムを作っているのでパソコンじゃなくても作れます。

ただ・・選ぶ写真がたくさんあると選別するだけでもかなり時間が掛かるのは間違いないです、時間的余裕があったり休憩時間に少しづつやり進めるのが良いでしょう。

だいたいですが写真は60枚ちょい必要になりますので頑張って選んでみましょ^^

TOLOTフォトブックはこんな用途で使えます

①帰省時のおみやげとして、孫の1年なんてそうそう見られない遠くのおじいちゃんやおばあちゃんへ

②ママ友達がパパの転勤で遠くへ引越したので思い出にBBQなどを皆でした時の写真集とか

③今回の趣旨である家族の1年とか

④お正月や夏休みに親族が実家に集まった時の記念写真を思い出に作っておく

⑤趣味の釣りをした仲間との思い出写真集なんかにも使えますね

TOLOTの良いところ

①値段が安いです1冊500円

②仕上がりが早いです

③アルバムの紙質がそれなりに良いです

④一度に何冊でも同じアルバムが作れますし、TOLOTから直接送りたい場所へ配送することが出来ますので1冊は我が家、2冊目は実家、3冊目は弟家族へと住所がわかっていればTOLOTアプリに住所を登録しておけば直接配送することが出来てとても便利です。

⑤邪魔にならない手帳サイズです

TOLOTフォトブックの作業風景

TOLOTで一年を綴る家族写真

フォトブックを作るからスタートします。

TOLOTの表紙を決める

どんな表紙が好みなのかはわかりませんが、表紙に写真を入れることも出来ます・・・がその分余計に写真を選別する作業が出てきます^^;写真選別ってかなり時間が掛かります。

TOLOT写真集のタイトルなど

表紙を選ぶとこのアルバムの内容を記載する項目が出てくるので何を感じて作るのか?

思いのまま記載しておこう。

写真を選びながら追加と配置を繰り返す

上の画像ではとりあえず表紙に使う写真だけ選別して入れたところです。

写真の選定を一度に終わらせても良いし、都度選びながら入れても構わないです。

TOLOTでは写真を縦にも横にも出来ます

TOLOTのプレビュー画面ですが、上の画像の左側は写真が縦になっています、右が横向きの写真ですが横向きを縦にすることもできますので良いバランスを自分で見つけてください。

TOLOTは見開き1ページにもなる

見開き1ページに一枚の写真を使うこともできます、上の画像の真ん中に一本縦に線が入っていますがこれは見開きなので構図の関係で人の顔がこの線に入ると見にくくなると言うことですね、ここは気をつけましょ。

TOLOT編集画面

上の画像が編集画面です(パソコンの場合)一番左側に掲載したい写真を追加して、その写真を掲載したい場所へ持っていけば終わるというとてもシンプルな作業を繰り返すだけ。

作り始めて気がつくこと

何度も書いていますし、過去に数回経験していて毎度思うのが写真の選別が超大変なんです。

1月から12月の間に撮影した写真だけでも膨大ですし、その中から気に入ったものや見せたいものを探すのはかなり大変な作業です。

また、写真が1月からの物語になるので満遍なく掲載するのも難しいですね。

写真選びがとにかく大変です、気長にやりましょう。

また今回は1年なのでこれからクリスマスもあり、1年の行事がすべて終わったわけではないです。

TOLOTフォトブックを製作しながら保存をして、少し経ったらまた写真選びと編集、保存の繰り返しで恐らくクリスマスの写真で最後になると思います。

短期間ですぐに作れる内容であれば意外と簡単ですが気長にやりましょ。

まとめ

出来れば写真はキチンとアルバムにして保存しておきましょ、そうじゃないとこういったフォトアルバムを作るときに写真を選別する作業がかなり大変になりますからね。

写真データRAWのバックアップでお困り?amazonプライムフォトなら簡単

写真の保存は?googleフォトとFlickrを使ってデータ保存

スポンサーリンク
TOLOTフォトブック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です