千葉の撮影スポットを夜から明け方に巡るドライブコース

千葉の夜間撮影ドライブ
スポンサーリンク

ドライブっす、秋になりとても涼しいってかちょっと寒い日もチラホラ。

仕事帰りで撮影に行きたいな~と思っていて、なんとなくコースを考えてみた。

いろんなコースがある中で今回選んだのは、小さな工場夜景の養老臨海公園⇒一度行ってみたかった富津岬星沢山の鹿野山展望(ついでに日の出の雲海ならぬ

というとてもユルイ感じの大人なドライブ撮影コース。

工場夜景から富津岬に翌朝は雲海(霧)の鹿野山九十九谷コース

千葉の工場夜景(養老川臨海公園)

昨年伺った養老川臨海公園からの工場夜景。

規模はそんなに大きくなく人もワンサカ来るわけではないので初心者さんにも撮影しやすい場所。

上の地図の場所は撮影場所のピンスポットの位置、大きな車が来る場所なので駐車は気をつけましょう。

20170929-DSCF0801

FujifilmX-Pro2+XF35mmF1.4 F11|35mm|SS40|ISO200

同じような構図で何枚も撮影すると飽きちゃう。

そんなわけで前回は行かなかった下の地図の場所へ移動してみました。

さっきまで撮影していた場所の対岸付近。

20170929-DSCF0803

FujifilmX-Pro2+XF35mmF1.4 F11|35mm|SS20|ISO200

ただ・・・・どこまで入っていいのかわからないのでトレーラーが路駐している所から見える範囲を撮影。

これ以上は進めなかった・・・怒られる~・・・かも・・

20170929-DSCF0802

FujifilmX-Pro2+XF35mmF1.4 F11|35mm|SS30|ISO200

もっとごっちゃりした工場夜景を撮影したいな~と思いながら場所移動・・・

富津岬の明治百年記念展望台

むかーーーし富津岬には一度来ているので場所は知っているのですが、撮影では初めて来てみた。

月が沈む5分前ぐらいに到着したのですが、もう少し早くくれば良かった・・・

結構遠い場所、ほんとに先端にあってどんどん土地が尖って狭くなる印象、しかも夜ドライブなので辺りは真っ暗。

道中は猫さんが沢山道路にいるので注意ですね。

20170930-750_1367

NikonD750+SIGMA15mm F2.8 EX DG FISHEYE F3.5|15mm|SS15|ISO1600

星が結構見えるので展望台と一緒に撮っているのですが、なかなかどうして難しい。

ネットで検索すると、夕日と一緒に撮影されることが多いみたいな場所。

時間があれば星グルグル撮影とか楽しそうな場所です。

20170929-750_1354

NikonD750+SIGMA15mm F2.8 EX DG FISHEYE F2.8|15mm|SS15|ISO800

真っ暗なのですが話し声や笑い声が聞こえる。

たぶん展望台の上に誰かがいるのでしょう・・が見えないのでわかりません。

20170929-750_1356

NikonD750+SIGMA15mm F2.8 EX DG FISHEYE F3.5|15mm|SS15|ISO800

最後は周辺を散策して終了、ここは来る時間を考えてまた来ようと思いました。

雲海ならぬ霧の鹿野山九十九谷展望

最後は夜中に到着した鹿野山、先行者は車が2台ほどでカメラを空に向けている方がいた。

月が無いのですが、残念ながら天の川のメイン部分は見えないので目立つオリオン座の季節到来って感じ。

場所は上の地図を参照、ピンスポットを打っているので迷いません。

車も相当な数が駐車出来るので全く問題無し、売店などは無いので飲み物などは購入しておこう。

20170930-DSCF0806

FujifilmX-Pro2+XF16mmF1.4 F11|16mm|SS20|ISO200

見えるかどうかはわかりませんがオリオン座をパチリ。

車で寝る前にとりあえず撮影しておきました。

雲海(霧)はあんまり出なかった夜明け

残念ながらあんまり出ませんでした。

昨年伺ったときは初めてだったのですが、それなりに楽しめたのですが今回はちょっと残念、雲も多すぎた印象。

また夜明け1時間ぐらい前から車も沢山集まってきた。

時期的に霧が発生しやすい季節になったので、チャンスを伺って沢山のカメラマンがやってきてました。

雲海ならぬ霧の鹿野山九十九谷展望

FujifilmX-Pro2+XF16mmF1.4 F1.8|16mm|SS3|ISO800

夜明け30分ぐらい前の鹿野山九十九谷、あんまり霧は発生していない・・

鹿野山九十九谷

FujifilmX-Pro2+XF16mmF1.4 F11|16mm|SS6.5|ISO800

夜明け15分ぐらい前の鹿野山九十九谷、だいぶ霧が発生してきました。

霧の鹿野山九十九谷

FujifilmX-Pro2+XF16mmF1.4 F11|16mm|SS1.5|ISO800

良い感じになってきた~霧が~~~雲海が~~~~と言う感じ。

以前来たときも時間の経過とともに増えてきたからな~楽しみだな~~~

雲海ならぬ霧の鹿野山

FujifilmX-Pro2+XF16mmF1.4 F9|16mm|SS1/200|ISO5000

え??

日の出時間とともに雲海が消えていくのでした><

雲海ならぬ霧の九十九谷

FujifilmX-Pro2+XF16mmF1.4 F9|16mm|SS1/200|ISO2500

あぁぁぁどんどん霧が消えて行く・・・

悲しいけど現実を受け止めるしかありません。

太陽も分厚い雲に隠れてしまっている・・・・残念。

紅葉時期の千葉の撮影スポットを夜間から夜明けのドライブコースを考える

時期的に天の川はメインの部分が隠れてしまっている時期なので星は無視。

海ほたる夜景江川海岸夜の原岡桟橋⇒とりあえず星と白いベンチの野島崎⇒夜明けもいける野島崎⇒体力あるなら紅葉をダム湖周辺(亀山ダムなど)もしくわ小松寺

こんな感じのドライブを紅葉時期にしてみたい。

スポンサーリンク
千葉の夜間撮影ドライブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です