ゲートブリッジの夜景を撮りに若洲公園へ行ってきた

gate-bridge
スポンサーリンク

撮ってみたかったゲートブリッジをようやく撮りにいけました。

千葉からも撮れるので出来れば千葉県からの撮影地として、紹介したかったんですが誘惑に負けてゲートブリッジに激近の若洲公園に望遠レンズを持って撮影してきました。

いつもは遠くに見えるのですが今回はめちゃくちゃ近くて大迫力!

いい歳したおっさんが消灯時間1時間前ぐらいからワクワクしながら何枚も撮影。

たぶんこの場所へさえいけば誰でも撮影出来ます、とても広く明るくて人も沢山いるのでそんなに危険とも思えませんが女性の一人撮影は気をつけてくださいね。

闇夜に浮かぶゲートブリッジ!ほんとに白かった

若洲公園ってどこや??

さてさてまずは撮影地の若洲公園ですね。

上の地図を参照していただければわかると思います。

地図の真ん中がゲートブリッジで右側に若洲公園があります、こちらは駐車料金(500円)を支払ってから入場。

あとはどこに車をとめてもゲートブリッジは見えていると思うので撮影したい場所まで歩くだけです、とても簡単。

なお、この公園は釣りをやる人が沢山いますし、キャンプ?っぽいものなどが出来るそうで夜でも人が多いです。

車も結構沢山入っているので夜は遅いほうがスムーズに入れるかもしれません。

若洲公園の対岸にもちょっとだけ撮影地がありました

対岸の撮影地

若洲公園の対岸なんですが金網があって撮影はしずらいけれど一応撮影出来るスポットがありました。

20161105-DSC_0975

F16 100mm SS20 ISO100で撮影

車もくぼみに入れられる場所なんですが金網がちょっと高くて写真に入っちゃいますが撮りたい方は気をつけてどうぞ。

アルミの3尺脚立あると超えて撮影出来るかも知れません・・・やってないからわかりませんが^^;

金網は邪魔でもかなり迫力あるゲートブリッジが撮影出来ますよ~

ゲートブリッジ撮影地

ゲートブリッジの撮影場所は上のA,B,C Aはすぐ上に書いた対岸の撮影場所。

今回のゲートブリッジ夜景写真

相変わらずお気に入りの写真はフリッカーからですのでパソコンだとクリックして大きくなると思います。

20161105-DSC_0982

F16 100mm SS20 ISO70で撮影

上の画像はBの場所から撮影、向かって左側がゲートブリッジで、右側には東京タワーなどが見える場所なので空気が澄んでいてモヤなどがなければキレイな街並みの夜景も撮れるかもしれません(ちょっと遠いけどね)

20161105-DSC_0996

F16 100mm SS15 ISO70で撮影

Cの場所へ行く途中ゲートブリッジの下をくぐるのですがその時に橋脚と一緒に撮影しようと思ってこの場所でも撮影。

個人的には一番お気に入りだったりします。

20161105-DSC_1007

F16 100mm SS15 ISO70で撮影

Cの場所まで歩いて撮影しました。

全体的に白っぽい感じに写真がなっていますが僕の目にはこんな感じに見えていただけですw

とくに橋の上に白いものがボワッとしてますが見ているときもこんな感じでした、なので闇夜に白く浮かんで見える感じですね。

今の季節なら海側にはオリオン座も見えておりましたよ~。

今回のまとめ

中年おやじが二人で夜ノソノソと写真を撮りに行くというのもたまには面白かったです。

普段は一人ですからね、話相手がいるっていうのはとても楽しいです。

さて次は何処にいきましょうかね・・・

なおこちらのゲートブリッジは千葉県のディズニーシーの近くからも撮影出来ます、そのうち掲載するはずです・・・w

「カメラ初心者の夜景撮影」D5500と三脚を使っての設定方法

2016.10.26

工場夜景に萌える千鳥町の工場地帯はカメラ初心者にも行ける

2016.11.06

千葉の工場夜景撮影スポット「養老臨海公園」は練習におすすめ

2016.10.15
スポンサーリンク
gate-bridge

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です