千葉の撮影スポット「印旛沼の日の出」を朝活で撮影してみました

印旛沼の日の出撮影
スポンサーリンク

苦手な被写体で夕焼けとか日の出があるんですがどう撮影したら良いのでしょうか?

ネットで情報を探すも明確な答えは無いようで人によってISOを上げたり、上げなかったり。

撮影後に加工するしないでホワイトバランスや露出補正も変わるようでどうもシックリこないです。

そんなわけでクヨクヨ考えていてもしょうがないので朝活ついで・・・いや仕事ついでに朝活として日の出撮影スポットの印旛沼へ日の出を撮影しに行ってきました。

日の出撮影スポットの印旛沼で雲のカッコ良さに改めて気がつきました

印旛沼は2つあるので間違わないようにしましょ

バス釣りで良く行く場所で我が家からは比較的近い場所なので行きやすいのが嬉しい。

ですが初めて印旛へいく場合は注意してほしいです。

実は印旛沼は2つありまして(笑)

ナビをセットするときに「印旛沼」だと違うほうへ行っちゃう可能性が大きいので気をつけましょう。

実際には印旛沼の貸しボート屋さん「アサヒナボート」へ行ったほうが良いです。

湖畔と言うのか沼畔と言うのかボートの係留場所からも撮影出来ますがボート屋さんが開くと邪魔になるので橋の上からのほうがよろしいかと思います。

高速道路だと東関東自動車道の四街道からすぐです。

印旛沼の日の出写真

朝一番の朝活in印旛沼カメラの設定はf/13 10秒 18mm ISO 100(キットの標準レンズ使用)

どこにピントを合わせていいのかわわからないので適当に撮影したらおかしなことになっておりました。

それからあと、もう少しだけ早起きしてくれば良かった、こんなに思ったとおりに雲があると楽しいですw 厚すぎても困りますけどね。

今日の日の出時間は4時36分、検索窓で「日の出時間」と入れればすぐに答えてくれるスマホって便利っすね。 朝だよ

カメラの設定はf/13 2秒 18mm ISO 100

雲がモコモコしていてとても楽しい(キットの標準レンズ使用)

あの雲がこっちに向かってくれないかな~と思いつつ撮影しまくる。

薄っすらとオレンジ色が出てきて久しぶりに見る日の出ですね~朝ちょっと早起きして写真撮りに来るのも楽しいです。

ですが一応今日は仕事でして、これが終わったら浅草まで高速で移動します。

印旛沼の日の出だカメラの設定はf/11 1/20秒 15mm ISO 100

だんだん雲がこっち向いてきてくれた~ 雲がちょっと厚いんですがそれはそれで楽しいから良い。

見た目ではもっと立体感があったんですがそれが表現出来ないヘタクソですいません。 日の出

カメラの設定はf/11 1/250秒 12mm ISO 100

やっぱりグワッとした雲にしたくてシグマの超広角レンズに交換しました。

(参考記事)SIGMA超広角レンズ10-20ミリF3.5購入レビュー

雲が~雲が~めっちゃカッコイイ~超広角レンズで撮影するとパースがついて素敵~やっぱり購入して正解のレンズでした。

日の出撮影に来て雲のカッコ良さに惚れる・・ちなみに500PXで上の写真がはじめて90パルスを頂きました~うれしいです。

雲がかわいい

カメラの設定はf/11 1/125秒 18mm ISO 100

これぐらいの雲があるとさらにカッコイイな~雲大好き~これからは空を良くみようっと。

でも太陽が出ちゃうと途端にどう撮影していいのかがわかりませんね~、太陽の周りが真っ白けになりますから(笑)

でもね、良いんです楽しいからw

今回のまとめ

岩も好きですが雲もめちゃくちゃ良い(笑)

雲はモクモク出ていたほうが写真として好きになりました。

雲良いですね~雲ってめちゃカッコ良くて撮影して日の出より目がいっちゃいました。

もう主題は太陽ではなく雲になってますからね^^;

新たな気づきです(笑)撮影してみないと何が好きなのか?

自分は何に興味があるのか?がわからないですからね。

食わず嫌いはせず今後も色々なものを撮影してみたいです。

朝活とても良いですね^^

今回使って気持ち良かったレンズはシグマの超広角レンズです、APS-C専用のレンズですが手が出しやすい。

訪れてみたい千葉県の絶景撮影スポット千葉県房総半島の絶景撮影スポット

スポンサーリンク
印旛沼の日の出撮影

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です