千葉県の天の川撮影スポットを探しに南房総市を散策

千葉県の海沿い天の川撮影スポット探し
スポンサーリンク

大山千枚田で天の川を撮影してから「より美しい天の川が見たい撮影したい」病にかかりました。

そんなわけで千葉の海沿いの天の川撮影が出来る場所は無いだろうか?

出来る限り高速道路から近い場所はないだろうか?そんな甘い事を考えて上の娘と犬と3人で撮影スポット探しの旅に出かけました。

一応5月に撮影したい海沿いで遊びたいを達成するのも混じってます(笑)

(参考記事)5月に撮影したいスポットは?千葉なら海沿いで遊びたい

千葉の海沿いは撮影スポットの宝庫か?まだ見ぬ場所へ行ってみた

夕景と富士山と海に突き出た桟橋で有名な撮影スポット

夕方4時頃に館山自動車道を下りて最初に向かったのは近くにある有名な桟橋の夕景スポット。

原岡海水浴場桟橋です。

原岡海水浴場 夕景 – Google 検索

夕景や富士山に今のところはあまり興味はありませんが今後の為にも一応下見しておきました。

人って何処で興味が変わるかも知れませんからね(笑)

この海水浴場は西側が海になっているので夕景と富士山が見れる場所のようで何名かのカメラを構えた方がいましたが我々は犬の散歩になりました。

波も穏やかな感じで海水浴には良いかも知れません、なんにしても車であれば何処から入って行っていいのかサッパリわかりませんね。

一応看板らしき物はあるんですが道が狭くとても入る勇気が出ない場所なので気をつけて入りましょう。

原岡海岸↑犬と浜の写真を撮影、リード着けてます離すと何処へ行くかわからん。 砂浜も広いです。

あし

↑個人的にはこういう写真が好き

原岡海水浴場の桟橋↑これが海に突き出た桟橋、江川海岸の海の電信柱よりかなり好きな類ですw

こういう場所って良いですね~そりゃ~夕景も綺麗だろうな~。

桟橋

↑やっぱり娘の後ろ姿の写真が好きですね、子供って毎年大きくなっているので来年はもうこの姿は見れないですよね。

桟橋の波が隙間から出てる↑最後桟橋の隙間から波が上がる写真で終わり。

夕景と富士山の絶景写真を撮りたいならここへ来ると幸せになれそうです。

この後、野島崎灯台や岩場やらをグルっと周って夕食を食べに館山に戻ってきたときの夕景はめちゃくちゃ良かった。

綺麗なオレンジなのか紫なのかの色のグラデーションが掛かり、富士山がバッチリと入っていましたが車の運転中のため撮影出来ず><

こんなに綺麗なら撮影予定にしておけば良かったと後悔しました。

後悔したので行ってきた⇒ ダイヤモンド富士も?絶景撮影スポット原岡海岸で夕日と富士山を撮ってきた

東・南・西が海に面して日の出と夕景が見れる野島崎灯台

野島崎灯台

この場所も5月に行きたい場所に指定。

野島崎灯台はとても良い場所なんだと思うのですがカメラ初心者の僕にとってあの灯台の光が邪魔をするんじゃないだろうかと心配になる場所。

灯台さえ無ければヘタクソカメラマンでもなんとか撮影出来るとは思うのですが・・・

この日はもの凄い強風でどうにもなりません。

風がビュービューの野島崎灯台↑風が凄くて娘の顔がブスにしか写らないのでモザイクしています(笑)

カメラに海水が付着してしまうのが怖くて隠しながら娘と散策してみました。

海に面した岩場に書いてありました、日の出と夕日が見れる場所ですって。

野島崎の岩場

美しい海と岩場があって景色も良好、腕さえあれば良い写真が撮れるだろうと・・・

と思い7月に天の川撮影に行ってきました、写真にはありませんが岩の上に白いベンチがあるんですよ~とてもロマンチックで可愛いです。

その白いベンチを入れて天の川を撮影しましたよ⇒千葉の星空撮影スポット「野島崎灯台」で岩の上の白いベンチと天の川を撮影してきた

野島崎灯台の西側↑野島崎灯台の西側ですが風の影響で白いのですが加工してみました。 本来の写真は以下です。 DSC_4195

暗い・・白い・・・

名前のわからない素敵な岩場を見つけました

岩がとても好きな被写体になった初めての場所、撮影候補地を探す旅に出なければここには一生こないだろうと思うぐらいですね。

みち岩場へ出たくて車から歩くの図・・あぜ道を歩きます適当に岩場へ出れる場所を見つけました。

岩場を覗き込む

さすがに岩場だけあって海の雰囲気も砂浜とは違いますね~ちょっと怖いのでそれより先に行くなと娘に命令。

海の色も違います。

空と岩

岩好き

岩がおもろい

岩

岩が素敵過ぎる、日本じゃないみたいな感じでマジで好き。

夢中で写真を撮りました、僕はたぶん岩が好きなんです(笑)岩男になろうと決心した瞬間でした。

岩場の写真とか海と岩とか、星と岩とか撮りたい方はこちらへどうぞ。

南側は海しかありませんしたぶんこの場所はめちゃ暗いです、個人的には怖いので夜間の撮影には行きたいと思いませんが・・・(笑)

潮の満ち引きには注意してくださいね、安全第一です。

岩と天の川撮影が出来て車も停めやすい場所

今回の散策でようやくそれらしい場所を発見しました。

車で行かなきゃ見つけられませんし、都度降りて確認してみないとわからないことが多いですね。

自転車も一緒に趣味なら探したりがラクかも知れません。

夕食を館山で食べて暗くなってからここへもう一度来ましたが少し明るいけど東側と南側は海しかありません。

ここ良いだろう?となんとなくですが勘ですね。

風はだいぶ収まりましたが雲が厚く多いので全く写真は撮っていなくて場所の確認や構図はどうしたら良いだろう?なんてことを考えてトコトコ歩き回る。

ただ潮がどうなっているのかはわからないのです、引き潮なのか満ち潮なのか?

ですが海岸に降りなければ大丈夫だろうと判断しました、車からちょっとだけ距離はありますが停めてある場所は明るいですしトイレもあるようなので安心。

ここなら娘達が一緒に行きたいと言っても安心して連れてこれる場所ですね。

最後に夜の野島崎灯台の写真でおしまいです。

ライトアップ終了後の野島崎灯台

今回のまとめ

昼間の撮影なら構わないけど、夜の場合は明るい時間に一度下見はしたほうが良いですね。

とくに海沿いは危険な場所が多いので事前準備が必ず必要だと思います。

危険の無いように行動しておきましょ。

千葉県房総半島の絶景撮影スポット

スポンサーリンク
千葉県の海沿い天の川撮影スポット探し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です