レンズなど高額品を先に買えばデジカメ機材は買いやすい

デジカメ機材の買い方
スポンサーリンク

物欲がいつまでたっても湧き出てきてとても困っています、代わりにお金がどんどん無くなると言うとても悪循環の中で生活していますがいかがお過ごしでしょうか?

今回は僕の個人的な物欲を整理するために今現在考えていてどうしても物欲が抑えきれないので今年中(2016)に購入したいと思うデジカメ機材を書いておこうかとそんな思いでございます。

いったい誰得なんだと思いますが良いんです、僕が僕のために書いているのです(笑)

ではさっそく行ってみましょう。

どうしても欲しいデジタルカメラ機材は高額品から先に買え

ほしい物はやはり撮影に使える機材など

デジカメ本体はもうあるからいいんです、ニコンD5500に代わるカメラ本体で欲しいものは漠然としてはありますがそこまで物欲は上がりません。

例えばフルサイズのニコンD750とか、キャノンなら・・・欲しい(または買えそうな)フルサイズ候補がありませんがEOS6Dの後継機が本体価格で15万円以下で出てくると欲しくなるかも知れませんw

そうなんです今だニコンにハマったわけでは無くまだまだ初心者なのでメーカーはどちらでも構わないのです(現時点では)

ですが今後機材が増えれば増えるほどメーカー縛りに合うことになるのでしょう・・アーメン・・・

NDフィルター

まだ全然調べていなくてどう使っていいのか?どんな時に必要なのか?と、今ひとつわからないNDフィルターと言うものを使ってみたいのでほしいです。

ですが現時点で必要を感じませんが欲しいのは確かなのでなにかしら購入することになります、物欲を満たしたい為にw

C-PLフィルター

この間調べて一つだけ、その中でも標準ズームレンズ用に1つだけ購入しましたが今後すべてのサイズがほしくなりました。

C-PLフィルター(円偏光)で反射光をカットするその効果・使い方・外し方で、この間見つけたamazonベーシックの商品がオリジナルでありながらもかなり安価な物が多いとわかりましたので以後は活用させていただこうかと思っています  

ハンドストラップなど

ニコン純正の物がカメラを購入したときに付属していたんですが、最近はグリップのホールド感が良いD5500の場合はハンドストラップでも良い気がしてきました。

それからストラップの脱着が簡単に行えるような物がとても欲しくなりました。

その理由としてはカメラバックに入れたときに嵩張る、三脚にカメラを固定したときにウザイなどの理由があるからですね。

一番は脱着が簡単なストラップですかね?  

スピードライト

やっぱりストロボ欲しいですね~撮影する場所で一番多いのが家の中と言うこともありストロボは欲しいアイテムの一つです。

購入したい機種はNikon SB700になるんですがお値段がほぼ4万とか・・・めちゃ高いです。 またストロボに付随してクリップオンストロボディフューザーと言う光を拡散するための物も欲しくなりました。

こちらもこの間実際にカメラ本体のストロボで実験したのです。

カメラ初心者が室内撮影するならストロボ必須バウンス撮影で綺麗になるね – カメラアマ

ストロボの光が直接当たるより何かで拡散したほうが綺麗だとわかりましたから余計に欲しいですね。

交換レンズがやっぱり一番欲しいです

もう本当に病気にでもなったかのように毎日パソコンを開くと交換レンズのレビュー見たり、メーカーサイトをずっと読んだり、そのレンズで撮影された写真を見たりしています。

飽きもせず見ていられるのは病気なのでしょうか?しかも毎日見るレンズが変わるからどうにもなりませんよね

そういえばこんな記事も書いていました↓

超広角レンズが欲しい!選びきれない一眼レフ初心者がおすすめを探してみた – カメラアマ

そして今現在、超広角は確かにめちゃくちゃ欲しいけどもっと欲しいレンズが実はあるのですよ・・・

それが標準ズームレンズで明るい便利なレンズなんです、α6000を使っている時には標準ズームレンズは購入したときだけで後はほぼお留守番していたはずのレンズなんです。

ところが最近は屋外へ出れば間違いなく標準ズームを最初につけてパシャパシャしているのが驚きです、どう変化したのかはわかりませんがそうなんです。

簡単に言っちゃえば安くて(3万円ぐらい)ソコソコ写りも良くて、なんちゃってマクロも出来て、便利で標準から中望遠域のズームレンズなんですがこれがまた魅力的なのです。

このレンズを先に購入しちゃったらもうキットの標準ズームがお留守番間違いなしになるだろうな?とそんなレンズでございます。

それがこのレンズ↓

あかんわぁ~これ見たらずっと見てるわぁ~ってなるぐらいずっと作例を見たりして・・マジで病気ですわ。

どうしてこんな値段で出ているのかはわかりませんが手が届きそうだから余計ですよね。

たぶん標準のキットレンズに満足しない方が買われていくんだろうと想像します。

しかも望遠が20ミリほどプラスされ、マクロレンズのような使い方も出来ると言う便利な1本でございますです。

こんなんあかんやろ~とは思いつつも広角レンズよりも先にほしくなるありさまです。

デジカメ機材は高額商品から手に入れる

簡単に手が出せるところから購入するとあとに残るのが高額品、精神衛生上よくありません、どうせ手を出すなら先に高額商品から手にしたほうが気が楽になるからですw

我々貧乏リーマンにとって3万円とか5万円は高額ですからね、なので決心してレンズをポチリます!!!

もうウダウダ考えるのは止めたいのでレンズについては超広角レンズをポチリます、これ以上色んなレンズに目移りしていては駄目だと思うのです。

標準ズームはまたそのうち手に入れることにしました。

で、購入するレンズはこれに決定する↓

そのうちたぶん近いうちに購入レビューでも書きます、以上

って書いたらすぐに広角レンズがやってきましたーSIGMA超広角レンズ10-20ミリF3.5購入レビュー

スポンサーリンク
デジカメ機材の買い方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です