千葉の星空撮影スポット「江見太夫崎」漁師小屋と天の川

漁師小屋と天の川スポット


スポンサーリンク

千葉の星空スポットと言うことで今回は、鴨川市の江見太夫崎(エミタユウザキ)の岩場をご紹介。

漁師小屋を入れての天の川撮影スポットです。

撮影したのは今年の2月後半とまだ寒い時期の真夜中に伺いました。

鴨川市江見太夫崎の天の川スポット

江見太夫崎ってどこ?

場所はだいたい上の地図のピンスポット辺りです。

カーナビなら「鴨川オーシャンパーク」を目指すとラク。

オーシャンパークの下の岩場だから。

この辺り一帯が全部岩場なので、どこへ行くも自由。

上は航空地図なのですが、全部岩。

岩場に降りるための準備

撮影は深夜なので、この辺りは真っ暗。

ただ朝方になると漁師さんが船まで車でやってくるので、邪魔にならないように駐車すること。

上の写真は館山方面を向いている(撮影地は後ろ側の岩場)

撮影時期が冬なので、防寒装備です。

手袋、長靴、ヘッドライト、カメラ装備。

ライトはヘッドライトにしましょう、岩場を何度も登っては降りてを繰り返すので両手をあけておく。

転ぶと痛いです、岩ですから手を切ったりしちゃいます、滑りやすくて冷たいので注意。

堤防の終わり付近まで行くと、浜に降りる階段が見えます。

降りるとそこから岩しかないです。

階段の上から漁師小屋を見て撮影↑岩場がズーーっと続いている。

左側をパチリ、漁師小屋に続く道があるが私有地である。

江見太夫崎の漁師小屋と天の川撮影

FujifilmX-T2+XF16 F2|16mm|SS15|ISO3200

1枚目は頑張って岩超えしていき、近くまで行ってパチリ。

三脚と椅子も持って行ったのですが、疲れました。

三脚は杖代わりに使った、岩が滑るので怖いです。

FujifilmX-T2+XF16 F2.8|16mm|SS20|ISO3200

2枚目は、堤防まで戻ってパチリ。

FujifilmX-T2+XF16 F2.8|16mm|SS20|ISO3200

↑最後は堤防の階段横にある祠みたいな場所からパチリ。

昼間だとこんな感じ

漁師小屋と天の川を絡めた写真が撮りたい場合は、春までぐらいだと思うので寒さに負けずに頑張りましょう。

ただ怪我だけは注意してください。




スポンサーリンク

漁師小屋と天の川スポット

2 件のコメント

    • MASAさんコメントありがとうございます
      まさかブログ見てるとは思わなかった(笑)
      それにしても2枚目めっちゃ小さいのによくわかりましたね^^
      また遊びに行きましょう

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です