PeakDesignカメラストラップCuff(CF-2)を購入

ピークデザインCuff購入レビュー
スポンサーリンク

人気カメラアクセサリーを多数用意している、PeakDesignカメラストラップCuffをお試しで購入してみた。

そう今回はお試しなのです、なので一番手に入れやすいCuffを選び使ってみることにしたのです。

結果的に機能としてはとても満足、必要なら使い、不必要な場面ではすぐに取り外せる。

たったそれだけの機能の為に購入したのですが、既存のカメラストラップの場合外したくてもメンドクサイ。

ピークデザインのアンカーリンクスを使ったストラップは、脱着がとても簡単で便利でした。

ピークデザインCuffとはどんなストラップ?

ピークデザインCuff

試しに購入した理由とは何か?Cuffにした理由は?

お試しで購入した理由は4つあってどれも今のストラップでは無理だから。

1つ目は、三脚使用が多いのでストラップが邪魔だから。

2つ目は、カメラを2台持って遊ぶとストラップが絡まり、この季節だと汗で滑らないから。

3つ目は、ピークデザインのストラップの中でCuffが一番安価だから。

4つ目は、アンカーリンクスと言う接合部分の仕掛けが面白そうだから。

Cuffをパッケージから開封

Cuff開封

価格的にこんなもんだろうね、と言う感じのパッケージに入っている。

cuffをあける

マジックテープが真ん中に一箇所あり、それだけでとめている感じです。

中がよう見えるように工夫したんでしょう。

Cuffを箱からだす

蓋をあけて見えるから簡単に取り出せるのかと思ったのですが、結構メンドクサイ仕様になっていて全部取り出すのに苦労した。

上の写真が入っている物全部

薄いポーチもついているとは・・・使うのだろうか?

Cuffの使い方

カフの使い方

難しく考える必要もない、必要ならピークデザインのサイトで動画を見ればすぐにわかるはず。

上の写真の金具部分がアンカーリンクス??丸い物体と、それを支える黒い物体。

これが肝なのでしょう。

止め金具はどこにでもつく

この丸い奴はどこにでも着く。

使い方によっては、カメラ以外にも設置可能なので使い方のバリエーションは多いと思われる。

丸い奴の紐は、結構な太さがあって頑丈そうでもある。

一応交換時期を教えてくれるために磨り減ってくると、色が変わる仕掛けになっている。

Cuffは手首に巻いて使うストラップ

今回購入したCuffは手首に巻いて使うハンドストラップ??になる。

首に掛けるタイプではありません。

CuffをX-Pro2に設置してみた

まずはお試しなので小型のX-Pro2に設置してみました。

見た目重視で行きたいX-Pro2なのですが、今回は目をつむり使ってみます。

いきなりD750につけても良かったのですが、重いですからちょっと心配だし、使って良ければほかを考える。

X-Pro2とCuff

設置は超簡単、丸い奴をつけてカチッとつければOK、誰でも簡単に出来る作業。

ハンドストラップをつけるとコンデジみたいになっちゃいますが、それはそれです。

Cuffの接合部分

首から掛けて使いたいカメラなのですが、お試しでCuffをつけたのですが三脚に置くことが多いので脱着がとても簡単。

ストラップがブラブラしないで良いです。

Cuffをはずしてみる

カフを外してみる、必要であれば着け、不必要なら簡単に外れるのが良いところ。

ただ見た目はかなり悪くなりますがw

手首のCuff

手首に設置してカメラを持ったところ。

こんな感じで使うわけです、不意にカメラから手を離しても地面に一直線とはなりません。

Cuff単体

取り外して使う場合、Cuffは手首に巻いて固定しておけるのでわざわざ仕舞う必要がないのも良いところ。

Cuffを使っての今後

アンカーリンクス?と言われる接合部の構造がとても良い、(デザイン的に大げさだけどw)

ストラップの脱着を頻繁にしたい方には良いかもしれません。

僕は外したい派なのでありがたいです。

予備も含めて、アンカーリンクスが4つだけの商品がAL-2と言う商品名で販売されている。

既存のストラップの先につけて脱着を可能にしたい願望が芽生えてきた。

スポンサーリンク
ピークデザインCuff購入レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です