ベルボンUT-43Q軽くて旅行バックに入る丈夫な三脚を入手

UT-43Qの一番低い姿勢時の脚
スポンサーリンク

最初に書いておきますが三脚の購入はかなり難しいです、僕もこの三脚を合わせてわずか1年ちょいぐらいの間に3台ぐらいを購入しました。

理由としてはやはり使用用途によって使い分けると言うこと、万能なタイプの三脚は無いと思うのでジックリ吟味して選んで頂けたらと思います。

三脚購入はレンズより難しく感じました、以前購入した一脚は三脚にもなるのですが普段使いではとてもとても屋外では安心して使えません。

軽いのですが収納時に長さが70センチぐらいありますし携帯性が良いとは言えないのです、軽いんですがね。

ですが子供の学校行事などではとても使いやすく場所もとらないので迷惑をかけませんので三脚は用途によって選ぶしかないようです。

小さく収納大きく脚が伸ばせて軽くて丈夫な三脚ベルボンUT-43Qを購入しました

不安な三脚では気楽に使えません(三脚は用途に合わせる)

家族でちょっと屋外にお出かけするときにカメラを持ち歩きます。

例えばお花畑で有名な場所なんかだと地面が土なのでカメラを置く場所が無い、そんな時に三脚があると便利だし、家族皆で撮影したいならやっぱり三脚が必要です。

その時に以前購入した一脚に気持ちばかりの三脚のついた脚ではめちゃくちゃ不安になります。

その不安一杯になる三脚の脚とはコレです↓


不安な三脚

いかがでしょう?一応三脚にはなっていますし、高さも最大で170センチになるのです・・・が、いかんせん三脚部分の脚に不安があります(あくまでも上記は一脚として使う物だからです)

カメラを触るとすぐにグアングアン揺れます・・が、ちょっと想像してもらいたいのですが、幼稚園などの行事で沢山の親がカメラを構える場所でこの三脚を使ってカメラを向ける、なんて場合にはこの一脚はめちゃ使えるのです、ここに立派な三脚など構えたら邪魔に思われますので注意ですね。

ということで、三脚は用途別にしないとダメってことですね。

幼稚園や授業参観で使える一脚は小型三脚にもなるので小物撮影にも便利

Velbon 三脚 ウルトラロック ULTREK UT-43Q 6段を購入

ベルボン トラベル用三脚 ウルトレック UT-43Q

そこで今回は手軽に持ち運べる軽さ、収納時に小さく、脚を出せば大きく目線にカメラが来る三脚はなかろうか?

そんな思いで探したらありました。

それがVelbon三脚ウルトラロックULTREK UT-43Qという奴です、僕はカメラ命ではありません、なので超シッカリした三脚は今の用途では不要なので重くて丈夫なシッカリしたものよりも手軽で軽くて小さくなり、脚をだせば大きくなるそれでいてソコソコしっかりした物で構わないのです。

UT-43Qはシリーズの中では一番安いと言っても実売で18000円前後はします。

この上のクラスになるともっと重いカメラでもへっちゃらになると言うことですがそこまで必要がないからUT-43Qにしたんです。

お手持ちのカメラがフルサイズ一眼レフでレンズをつけたら1キロ超えるなら上のクラスの三脚を選んでください。

UT-43Qのメリットとデメリット

デメリット1、脚が6段になのでどうしても一番下の脚は細くなってしまいます、そのため剛性と言うよりも全体に不安定な感じになるのは致し方ないです。

デメリット2、自由雲台とカメラの接続にはクイックシューが着くことになりますがコインでまわすタイプになるのでとても使いづらいです。

デメリット3、脚を伸ばす時の動作が結構力がいります、ボルト式なのでシッカリと固定しておかないと脚が縮むこともあるので気をつけたい。

ここからはメリット

メリット1、めちゃくちゃ小さいのでカバンに入るし、軽いので持ち運びには便利です。

メリット2、収納時27センチぐらいなのに脚を出すとめちゃ高くなる。

メリット3、脚の角度が自由になるので凸凹地面でもへっちゃら。

メリット4、脚が細く不安ですが、それなりに安定もするので家族旅行程度には文句無し。

どんな三脚にもメリットとデメリットが存在しますので用途に合わせることにしたほうが後々幸せになれる可能性が増えるわけですが、この三脚のよさはやはり小型軽量になることにつきると思います。

UT-43Q開封

UT-43Q

箱から出すとポーチに入っています。

ベルボン ウルトレック UT-43Q

初めて目にした感想は小さい・・・と言うか短い?があってるのかな?

収納時の全長は30センチありません(27センチほど)からバックに入る大きさです、重さは1キロちょいです。

収納時の雰囲気から大きくなることが想像できませんがやってみました。

UT-43Qの足を縮めた

この脚の開き具合は3段階で調整できますがこのまま脚を伸ばしてみます。

UT-43Qなら高さも十分

高い、目線にカメラが来るほど高くなりました。

UT-43Qの足を全て出した状態

カメラに触れてみると丈夫でシッカリとしていますしそれを支える脚はちょっと細く感じますがそれ以上に安心感が出てきます。

UT-43Qの一番低い姿勢時の脚

脚の部分を3段階あるうちの一番開く状態にして設置してみましたらローアングルでもいけます。

これより低くしたいならこの三脚ではダメですけどね。

雲台は自由雲台(クイックシュー)というやつです、水準器はついておりません

もし写真が傾くとお嘆きならLightroom初心者が体験版を初めて使って出来上がった写真はこんなものを読んでみてソフトを使って傾きを正してみてください。

脚の開きは3段階

カバンに収納出来るサイズの三脚が嬉しい

三脚に求める性能も人それぞれ、とにかく安価な物で良いと言う人もいるし、大きさや軽さに重きを置く人もいます。

出来る限り損のないように購入を考えて自分の用途をしっかりさせましょ。

 

他に、もっとガッシリしたものをお望みなら「三脚選び」一眼レフ初心者が失敗しない為のポイント5つと僕が選んだおすすめ三脚は?

スポンサーリンク
UT-43Qの一番低い姿勢時の脚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です