カメラレンズ掃除は激落ち君かレンズペン3おすすめは?

激落ち君を一枚取り出してみた
スポンサーリンク

前回一眼レフカメラやレンズの掃除に使えるメンテナンス用品を考察してポチリと言うことでカメラ初心者ながらお掃除用品をそろそろ買わないといけないと思い色々と選びました。

そしてなんとなくフィーリングが合いそうなレンズのお掃除用品をポチッて翌日に到着しましたので早速使ってみました。

僕のようにメンテナンスがあまり得意じゃないとか、メンドクサイから簡単なのが良いな~と思う方は読んでみてください。

なんと言っても一番メンドクサガリの僕が選んでいますのでそうそう間違いは無いです、その為に2つもメンテナンス用品を買って比較したのです。

尚、今回のメンテナンス用品についてのスペックと言うか成分みないな物は基本書いておりません、あくまでも使い心地を重視しておすすめを選んでおります

カメラレンズクリーナー激落ち君とHAKUBAレンズペン3どっちがおすすめ?

HAKUBAレンズペン3

HAKUBAレンズペン3

レンズペンと言うぐらいなので見た目もペンのような感じのメンテナンス用品で使いやすそうだし無くしやすいほど小さいわけでもありません、iPhone6プラスの上に置いて撮影しておりますのでなんとなくの大きさはわかるかな?と思います。

ハクバレンズペン3のブラシと平面チップを出した状態

ブラシはスライド式になっていてすぐに出てきますし、上の画像の右側は蓋をクルクル回して外すと平面チップと言うもので素材はセーム皮製で出来ていて直径は5ミリぐらい??かなり小さく見えます。

平面チップは直径5ミリぐらいかもしれません 交換用チップが1個入っている

平面チップは別に一つだけ交換用が同封されています。

レンズペン3を実際に使ってみる

レンズペン3でレンズのお掃除はブロアーから

レンズをカメラから外すときやメンテナンス時には一応ブロアーで吹き飛ばしてから開始。

見えてなかったホコリを取り除くことが目的ですね。

諮問をわざと着けてみたレンズ

ここからは「やらせ」になりますが手の油をベットリとレンズプロテクターにつけてみました。

ブロアー後にブラシで掃除してからレンズのメンテナンス

ブロアーでもう一度レンズ部を吹き飛ばしてからレンズペン3のブラシで優しくホコリなどを取り除く感じ。

平面チップで掃除するとレンズが綺麗になっていく

次に平面チップで油を取り除いていく、もちろん優しく優しくです、上の画像を見るとわかりますが綺麗に汚れが落ちていくのがわかりますよね?

丸く綺麗になったのがわかるレンズ

上の画像ならわかりやすいでしょうか?

平面チップでジックリユックリと優しく掃除すると汚れが落ちていきます。

あとは永遠に終わるまで行いましょう。

カメラレンズクリーナー激落ち君

ケンコーカメラレンズクリーナー激落ち君

次は頭の中での想像では洗濯洗剤の箱よりも少し小さい箱が届くと勝手に思っていた激落ち君のばんです。

大きさは想像以上に小さく可愛いですね。

激落ち君を一枚取り出してみた

30枚入りで1枚ずつ梱包されているので一つ取り出してみました。

激落ち君はウェットティッシュみたいな感じ

激落ち君の成分はアルコール成分と水と言うことで、一瞬ウェットティッシュか?と思いますが手で触る感じではほとんど湿っている??って感じなぐらいです。

使い方は難しく考える必要なんてなくてただ優しく拭くだけ、但し拭く前には必ずブロアーなどで小さなホコリなどは除去してからです。

そうしないと傷をつける恐れがありますから気をつけよう。

レンズのプロテクターを激落ち君で掃除してみる

激落ち君とHAKUBAレンズペン3それぞれの使い心地は?

レンズペン3は携帯性に優れているし長く使うのであれば元が取れそうです(メリットです)

ブロアーが無くてもブラシがあるのでより細かく綺麗にしたいのであれば使いやすいと思いますが、平面チップに関しては細かい場所には有効でも広いレンズ面においては大きさが小さい感じがしてメンドクサクなってしまいました。

激落ち君も携帯性に優れていますが30袋使い切ると新たに買い足すしかありません(ここはデメリットです)

ただブロアーを持っているのであれば後は拭き取るだけだし拭き残しに関しては無いと言っても良いぐらい無かった(初めて使っても)のでとてもラクで使いやすかった。

レンズペン3がおすすめな方

爪楊枝とか歯ブラシを使ってジックリユックリと家の中でもお掃除するのが好きな方であればレンズペン3でしょうね。

僕は平面チップでレンズ全体をクリーニング出来るほど気長ではありませんでしたw

一度買えば当分買い足す必要も無いでしょうし、カメラと一緒にバックにいつも入れておけばお手軽です。

金額的に2000円もしないのでどっちにしても安価ですね。

激落ち君がおすすめな方

僕のようにメンドクサイからサクッとレンズクリーニングを終わらせたい人、あまり細かい作業をしたくない人、老眼などで見にくい人、メンテナンス用品の買い足しに躊躇しない人。

こちらも常に3梱包ぐらいをカメラバックに入れておけば良いのでは無いでしょうか?僕はもう入れておきました。

なんてったって安いですからね。

価格的には500円ぐらいの物なのでこちらもあまり気にしないで使えそうです。

今回のまとめ

当初はレンズペン3だけを選んでいたんですが、やはり激落ち君を購入しておいて良かったです。

自分の性格は自分が一番良くわかっていますからね、メンドクサクなるとやらないことが増えてしまう原因になるのでなるべく手軽に簡単に綺麗になる物を選んでみました。

レンズを掃除すると言う意味において優劣はありません、どちらも最終的にはキレイにクリーニング出来ますので自分の性格をわかった上で選んでもらえればと思います。

もっと良いものが見つかったらまた試してみたいと思います。

この記事を書いて3ヶ月ぐらいが経過しましたが今は両方ともカメラバックに入れて使っています。

どちらも良い点があるので結局両方を手に入れておいたほうが掃除がラクだと気がつきました^^;

明け方など霧が発生する状態でレンズが曇ったりして掃除したくなった場合は水分を先にティッシュなどで取り除いてから激落ち君などを使ったほうが良いです。

水分を吸ってしまいアルコールが飛びにくくなるからです(経験済み)

もしくわ水分が無くなるのを待ってから掃除してください。

夜間の撮影(蛍とか天の川)にあると便利だったアイテム13個

スポンサーリンク
激落ち君を一枚取り出してみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です