TAMRON28-75 F2.8 Di III RXDソニーEマウント購入レビュー

TAMRON28-75mm F/2.8 Di III RXDのレビュー


スポンサーリンク

TAMRON28-75mm F/2.8 Di III RXD Model A036は、カメラ本体(sony Eマウント)を持っていないのに、アマゾンでポチらせるぐらいの凄いレンズなんです(実話です)

どこを探しても「入荷待ち」の文字が出ているのが、イラつかせたのでしょう。

とは言え何の意味も無く購入することはありません。

これでもフルサイズ用のレンズは色々考えたのです

星や蛍を撮りたいのでSONYミラーレスフルサイズ欲しいなー、そうなると明るいレンズが良いな。

20ミリの明るいレンズがあればなーー、と考えると蛍はどうすんの?

となるし、55ミリの明るいレンズかーーと思うとそれで星撮るの?と、、、

そんなことをグタグタと考え、アレコレとレンズを選んでいたのです。

そこでふと、タムロンから新型のレンズ出てたなーと思い出す。

TAMRON28-75mm F/2.8 Di III RXD Model A036

考えること数週間、SONYフルサイズα7Ⅲの最初の一本は、TAMRON28-75mm F/2.8 Di III RXDが良いんじゃないかな?

広角が28mm始まりってちょっと不安だけど、天の川撮れるでしょ?

望遠側が75mmなら普通の標準より5mmほど長くなる。

何たって安価だし、F値2.8固定のレンズなんだしコレで良いっしょ?

人気があり過ぎて入荷待ちだらけのTAMRON28-75

ネットで調べてもほとんどが「待ち」ばかりで一ヶ月ぐらい掛かるらしいです。

普段お買い物は楽天を使うことが多いので(ポイントの関係で)、ふとアマゾンを覗いてみると一本だけ在庫してた。

もちろん少しお高くはなるが、あるにはある。

僕の指を悪魔が勝手に動かしてしまい、速攻でポチり、、、プライム会員なので購入ってとても簡単。

2、3回ボタンを押すだけで何でも家に届けてくれる(クレジットカードの許す限り)。

しばしボーゼンとしてから、レンズに合うソニーα7Ⅲを購入すると言う経緯。

TAMRON28-75の仕様(個人的に必要な部分のみ抜粋)

尚、詳しく知りたい場合は、タムロンの公式で参照してみてください。

  1. モデル名 A036
  2. 焦点距離 28mm-75mm
  3. F値   2.8固定
  4. 最短撮影距離 広角19cm  望遠39cm
  5. フィルター径 67mm
  6. 長さ 117.8mm
  7. 重さ 550g
  8. 絞り羽根 9枚
  9. 最小絞り F22
  10. 簡易防滴構造

仕様をジックリ見てもあまりわかっておらず、フィルター径67だから今持ってるの使い回せるなーとか。

広角側の最短距離短いから寄れるなーとか、防滴構造はどんなもんなの?

ぐらいしか感想は無い。

TAMRON28-75のデメリット

最初はデメリットから

  1. 広角28ミリスタート
  2. ズームでレンズが伸びる
  3. レンズフード小さく無い?
  4. 品薄な所
  5. レンズが少し長く感じる

風景を撮りたい人にとって28ミリは少し不満、不安では無く不満です。

やっぱり24ミリは広いっすよね。

あとはズームするとレンズが伸びるんです、これも良いのか悪いのか?

レンズフード小さく無いかな??そう感じるのは僕だけか??

フルサイズ用の明るいズームレンズが、550グラムと軽いのですが、ちょっと長くないですか??

と、これぐらいが、不満と言うかデメリットと言うか僕はそんな感じです。

手振れ補正が無いのがデメリットとは思っていない、カメラ本体に手振れ補正があるからです。

TAMRON28-75のメリット

  1. 値段が安いー
  2. F2.8の明るいレンズ
  3. 28ミリから75ミリのズームレンズ
  4. 軽い550g
  5. AFは速いし静か
  6. 広角側ではめっちゃ寄れる
  7. 簡易防滴構造
  8. レンズにボタンが無くシンプル

レンズを購入しているぐらいなので、個人的にはメリットの方が多いです(当たり前ですが)

まずはお値段です、同じようなスペックのレンズだと、ソニー純正のGMと比べるまでも無くお値段は半分以下です。

F値固定の2.8と言う明るいレンズであれば、星や天の川も撮影がしやすい。

部屋の中でもそれなりに明るくなり、シャッタースピードが稼げる。

重さが軽い、、たぶん麻痺しているのですが軽いはずです。

AFは僕の使い方ではあまり使わないのですが、それなりに速い。

広角側の19センチはかなり寄れるレンズですよー。

防滴に関してはまずまず。

最後はレンズのボタン類ですが、無いです。

設定で忘れることが無いので助かります、とくに手振れ補正スイッチとか付いていると消し忘れを良くすることが多いw

TAMRON28-75は10万円以下で買える大三元レンズ

コスパ最強、重さ、大きさもそれなりに良く、写りもソニーGMに負けず劣らずの性能の良いレンズなのに10万円以下。

メーカーの希望小売価格が10万円ですから尚良し。

標準域のズームレンズは持っていてラクチンなのです。

TAMRON28-75の作例(撮って出し)

尚レタッチするために撮影した暗い写真ばかり。

レタッチ後の写真では、作例の意味が無いと思うので撮って出しの写真でどうぞ

記事にしている写真もあれば、全く公開していない写真もあるので、記事を書いている写真についてはリンクを貼り付けておきます。

SONY a7Ⅲ+TAMRON28-75mm F/2.8 Di III RXD(A036)

暗い室内なんですよ、ほんとに暗い(実家の猫ちゃん)ボディの手振れ補正と明るいA036のお陰で撮れる。

ISO感度1600で撮影した↑

こちらの坊やの記事はα7ⅢとTAMRON新型標準ズームA036を購入 | カメラアマ

他にも観葉植物などの写真もあるので見てください。

最近は人を撮ると言うことがほとんど無い。

近い位置からもサクッと撮れるし、上の写真でISO感度5000です。

カメラを購入したばかりで操作に不慣れな状態でも撮れる。

手持ち撮影で夜の繁華街を撮影。

会社の若い子の後ろ姿、髪の毛1本1本まで解像してる。

玉ボケも綺麗に出ていると思われる。

カメラ設定でホワイトバランスを変えている。

普段はオートで撮るのですが、たまたまです(笑)

たぶんカメラの液晶画面に映し出される星空写真を、iPhoneで撮りたかったので変えたと思われる。

天の川の写真の記事は→千葉の星空撮影スポット「根本海水浴場」電柱と天の川 | カメラアマ

上の写真が広角28ミリ付近の写真。

横向きで撮影すると、立ち上がった天の川が、ちょっと小さくなりますが全部は入らないです。

↓レタッチ後の写真ですが、28ミリで縦にするとこんな感じになる。

撮影地は違いますが同じように立ち上がった天の川さん。

下側の岩をもっと削れば上方向にまだ星が入れられます。

謎のヤギさんもご覧の通り。

浜まで車でいける海岸で車と海と浜と岩

確か40ミリ以上でで撮影した9月の天の川。

20秒ぐらいシャッターを開けると星が流れているのがわかる。

海と電柱の記事は→α7Ⅲで江川海岸の海に立つ電柱を撮影してみた | カメラアマ

つい先日に撮影したコスモスと朝陽。

明暗差が激し過ぎても撮影できる。

コスモスの記事はこちら→佐倉ふるさと広場とあけぼの山農業公園のコスモス2018 | カメラアマ

前半はX-Pro2で撮ってますが後半はこのレンズで撮影している。

白とびしている太陽とコスモス、他のコスモスが玉ボケしていて可愛い。

オリオン座、星の色温度の違いもわかる

無数に星が写っているのですが、見えますかね??

最後はワンコで終わり。

昼間の写真だけじゃ無く、夜だったり、星や天の川が撮りたいのでTAMRON28-75を購入したのです。

このレンズ一本でいろんな物が撮れて満足度は大きいです。

TAMRON28-75の作例(レタッチ後)

上の写真は全て撮って出しなので、こちらはレタッチ後の写真を少ないながらも掲載している。

まだまだ作例が足りないのですが、何かの参考になれば幸いです。

広角28ミリ始まりは、思ったほど狭くなくてもしかしたら丁度良いのかもしれません。

それでもたまーにもう少し広く撮りたいこともあるのですけどね(笑)

今回のまとめ

α7Ⅲなど、ソニーフルサイズミラーレスを買いたい。

それでいてレンズをどうするか?で悩むのであれば、とりあえず最初の一本に選んで良いはずですし、超オススメのレンズです

TAMRON28-75A036があれば、とりあえず何でも撮れるはず、まさに万能型レンズ。

昼間の撮影も夜の撮影もどちらでもOK。

スペック、コスパ、共に最高のレンズですよー、お試しあれ。




スポンサーリンク

TAMRON28-75mm F/2.8 Di III RXDのレビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です