FUJIFILM XF16-55mmF2.8 R LM WR購入レビュー

XF16-55mm購入レビュー
スポンサーリンク

X-Pro2はカメラ本体単体販売のため、キットレンズと言うものがない。

そのため購入時にいろいろ考え悩み抜いて、単焦点レンズでとりあえず行くか?

と決めたのですが、家族でお出かけするときなどには、やはりレンズ交換がメンドクサイわけです。

そんなわけで標準域のズームレンズが欲しくなり購入しました。

で、どうせ購入するなら富士フィルムが出している赤バッチレンズが欲しくなり、XF16-55を購入。

と言うことで簡単な作例とともに、購入レビューを書いておく。

XF16-55mmF2.8 R LM WR

XF16-55mmF2.8 R LM WRの特徴

  1. ズーム全域でF2.8の明るさを持つ標準ズームレンズにおいてクラス最高の画質を実現
  2. 高速・高精度で静かなオートフォーカス
  3. 防塵・防滴・-10℃の耐低温構造

特徴もいろいろあるようですが、やはり僕にとって-10℃の耐低温構造は必要がなく、防塵防滴だけでとてもうれしいです。

オートフォーカスもスムーズに静かに動くし、今のところ僕の使用環境でストレスに感じることはありません。

XF16-55mmF2.8 R LM WRのスペックは?

スペックの詳しい情報は、FUJIFILMのサイトへ飛べばめちゃ詳しく書いてあります。

必要な方は富士のサイトへどうぞ。

ここでは、素人なりの判断でここだけわかっておけば、大丈夫だろうと言う部分だけを抜粋して書いています。

焦点距離 ↓
16-55mm(換算24-84mm)
開放絞り ↓
F2.8 ↓
絞り羽根枚数 ↓
9枚(円形絞り)
最大撮影倍率 ↓
0.16倍(テレ端)
撮影距離範囲 ↓
0.6m~∞(ズーム全域)
フィルターサイズ ↓
77mm
最大径×長さ ↓
93.3mm×106mm/129.5mm
質量 ↓
655g

XF16-55mmF2.8 R LM WRのデメリット

  1. レンズの長さが変わる
  2. 重い
  3. 大きい
  4. 手振れ無し
  5. フィルターサイズ77mm

まずはデメリットから、とは言ってもさほど僕自身は感じていないのですが一応書いておく。

このレンズの最大のデメリットは手振れ補正がついていない事・・・?だろうと思われる。

個人的にはあっても無くてもどちらでも構わないのですが、あったほうが良いと言う声を良く聞くので書いています。

次に大きさや重さについてもデメリットが、普段から単焦点の16や35を使っていていきなりこのレンズを装着すると重さをズシッ!

と感じることは間違いないです。

大きさや重さは個人の主観なのでなんとも言えませんが、僕は重みを少し感じる程度。

最後にズームするとレンズの長さが変わる、少しですが変わります。

コレを良しとするかどうかも各々で変わると思われる。

前回書いた望遠ズーム100-400のところでもデメリットを挙げたのですが、こちらも同じフィルターサイズの77mm。

いきなり値段が高くなるのでデメリットですね。

XF16-55mmF2.8 R LM WRのメリット

  1. 防塵防滴仕様
  2. F2.8固定の明るさ
  3. やっぱり便利で高画質

雨でも楽しくカメラ遊びがしたい僕にとって、防塵防滴仕様のレンズはとてもありがたいです。

わざわざビニールでカッパを作る必要も無いので、そのまま現地で遊べるのはありがたい。

F値固定の明るいレンズなのもありがたいです。

最後はズームレンズをあまり使ってこなかった僕にとっては、めっちゃ便利です

ズームして撮影したい場所を決めるなんて、今までほとんど無かったので便利過ぎです。

X-Pro2との大きさなど

XF16-55とX-pro2

上の写真はめいっぱいズームしたところ。

ちょこっとですがレンズが伸びる。

こうして見てもX-Pro2には単焦点の小さいレンズが似合うのです・・><

XF16-55の全容

一般的なキットレンズの標準ズームとは違って、それなりに大きいし重みもある。

ボタンなどはついていない。

手振れ補正が無いので、オンオフスイッチももちろん無いです。

ですから三脚に固定して撮影するときにもウッカリ忘れもありません。

XF16-55mmF2.8 R LM WRで撮影した作例

さて頼りない僕の写真で恐縮ですが、一応作例を掲載しておきます。

20171030-DSCF2454

FujifilmX-Pro2+XF16-55mmF2.8 F8|26.6mm|SS1.3|ISO200

先日書いた、(印旛沼の夜明け「明け方の光」が綺麗だった朝)で使っている写真は全部こちらのレンズを使用しました。

ズームレンズの便利なところに気がついた瞬間だった。

いつもだったら単焦点レンズしかもっていなかったので、広くしたり狭くしたりが出来なかった。

20171103-DSCF2654

FujifilmX-Pro2+XF16-55 F2.8 F8|25.7mm|SS1/320|ISO400

次は「水元公園の駐車場だけが紅葉していたので撮影してみた」での紅葉もこちらのレンズ。

車の運転席からズームでパチリ、簡単で便利。

20171103-DSCF2783

FujifilmX-Pro2+XF16-55mmF2.8 F16|16mm|SS1/15|ISO200

記事にはしていませんが手賀沼の夕日も撮影している。

20171105-DSCF3059

FujifilmX-Pro2+XF16-55mmF2.8 F8|18.7mm|SS1/30|ISO200

黄色い銀杏並木「つくば万博記念公園」で撮影)でも標準ズームは活躍しています。

望遠ズームレンズだけじゃなく標準もやっぱり使うのです。

20171105-DSCF3108

FujifilmX-Pro2+XF16-55mmF2.8 F8|55mm|SS1/30|ISO200

上の写真ももちろんこのレンズを使用。

いらない物を外して撮影するのにズームレンズは本当に便利。

お気に入りなのですが、ピントを人に合わせて一枚撮っておけば良かったな~と少しだけ後悔。

でもインスタグラムで「#今日もx日和」さんでフューチャーされて嬉しかった~♪

披露宴でXF16-55

変わったところでは、披露宴でも使ってみました。

ISO1000F2.8でパチリ、素人的には十分w

だってこういう場所って撮影するのが難しいんでしょ??

披露宴のテーブルをxf16-55で撮影

こちらはISO400F2.8でパチリ。

あとは新郎新婦さんもパチリしましたが、さすがに掲載出来ません・・・

が、150人ぐらいの出席者の中でほんの一部の方が、フェイスブックに写真をあげているのを見て、このレンズの美しさは当たり前のようにダントツのトップでしたw

ストロボとか持ってないので、全部ISO上げ気味で撮影したのは言うまでもありません。

XF16-55mmF2.8 R LM WRがおススメな人は?

お値段的にはフルサイズ用のF2.8固定レンズとは違い、手が出しやすい価格帯。

そのため、誰にでもおススメ出来る高性能なレンズである。

フルサイズ換算の単焦点レンズ24mmから85mmぐらいまでを、一本にしたい人には丁度良い。

でも??(お値段的にちょっと・・と言う方)

キットレンズの18-55mmが小型軽量安価で存在します。

フジノンレンズ XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS

キットの標準レンズなのにF2.8からF4の贅沢なレンズ、それでいて記号にある「R LM OIS」

絞りリングがついている、オートフォーカスが静かで高速、OISは手振れ補正機能がついている。

なんと、このレンズには手振れがついているわけです。

お値段的にも(価格.COMの最安値で54000円ぐらい)なので手が出しやすい。

重さも310gだし・・・実は結構このレンズと悩んだのです(笑)

理由としては普段標準域のズームレンズを使っていなかったので、標準ズームが本当にいるのだろうか?

と自問自答していたのです。

なので人によってはこちらのレンズで十分だ、と考える人がいても不思議ではありません。

ディズニーランドに家族連れで行くのに選ぶなら、僕はこちらのレンズがおススメです。

小型で軽量、安価・・・言うことないですね。

あっ、広角側が18mm始まりなので注意してください。

XF16-55mmF2.8 R LM WR購入レビューまとめ

どのメーカーでも力を入れている標準F2.8固定ズームレンズ。

大三元レンズの標準ズームを担うこのレンズは、買って後悔することは少ないと思われる。

もちろん赤バッチのレンズなので品質は最高に良く、少し重いかな?

と思いながらも手にシックリ来る感じは心地良いです。

おかげで単焦点の16mmの出番が極端に減り、困っちゃうぐらい使いまわしている。

このレンズを購入検討するのに慎重になることはほとんど無いと思われます^^;

グタグタ考えるならいっちゃいましょう(笑)

スポンサーリンク
XF16-55mm購入レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です