ニコン50mmF1.8GとD750の組み合わせが気軽で高品質「作例多数」

上から撮影
スポンサーリンク

年末年始はずっとD750+50mm単焦点レンズで撮りまくった。

理由としてはそれ以外のレンズが無いからなんですがw

レンズがとても軽く、安価で手が出しやすい、なのに高画質で高品質、それでいてフルサイズ対応の為にAPS-CのD5500の時から愛用している。

今回はAF-S NIKKOR 50mmf1.8GをフルサイズD750に装着して撮影した写真の作例を、2017年の年始を振り返りながらご紹介していきます。

キットレンズの次に欲しい1本としてご紹介しているレンズですので、レンズ購入の参考にして頂ければと思います。

お散歩レンズに超最適な軽くて安価で高品質な単焦点レンズ「ニコン50mmF1.8G」

ニコンのシンデレラレンズAF-S NIKKOR 50mmf1.8Gは買いの1本です

シンデレラレンズとか撒き餌レンズとか、言われても仕方ないほど安価なのに高品質なレンズがAF-S NIKKOR 50mmf1.8G。

明るくて、ボケやすくて輪郭がシャープに写るのでとても気に入っている。

やはり撒き餌に捕まった一人なのですが、紹介せずにはいられない・・・そんなレンズです。

尚このレンズの詳細は以前D5500で使った時に書いているのでそちらをご覧になってみてください。

D5500に単焦点レンズAF-S NIKKOR 50mm f/1.8Gの組み合わせが好き「作例多数」 | カメラアマ

「成田山で初詣」夜間撮影でも問題ありません

F値が1.8通しの明るい単焦点レンズなので夜間の撮影でもシャッタースピードが稼げる。

単純に絞りを開放気味にしてあげて、ISO感度を上げれば良いだけですから考えることはありません。

D750ならISO3200でも全く問題ないです。

成田山の総門

午前2時頃の成田山、適度に参拝者がいて活気があって良いです。

参拝前のお手洗いから出てとりあえずパチリ、参拝に向かう途中の階段等で立ち止まっての撮影は警備員(警察官)に怒られます。

南無南無してきた

毎年こちらで南無南無して昨年のお礼をしています。

イカを食らう

南無南無が終り、毎年購入する熊手を手に入れれば終わりなのであとは腹ごしらえのためにイカなどを食す。

手持ち撮影

軽いレンズなので持っていても重くない、上の写真でISO1600 F2.5 SS1/250なので手振れなんて気にする必要もありません。

昼間の明るい時間帯と同じような感覚で撮影出来るのが嬉しい。

南房総で2017年の初日の出を50mmで撮影する

午前3時過ぎには成田山をあとにして一路南房総へいき、初日の出を撮影。

普段なら日の出撮影時には三脚を使っていますが、機材を持っていくにも車の中がパンパンなので減らせる機材は減らします。

よって当然のように手持ち撮影。

雲の厚い初日の出

F6.3 1/500 ISO200 50mm

今年の初日の出はとても雲が厚かった、日の出時間を過ぎてもなかなか顔を出しません。

2017初日の出がもうちょい

F8  SS1/1600  ISO200  50mm

ぴったり7時でまだ顔を出さない初日の出です。

20170101-750_1785

F16  SS1/50  ISO100  50mmで撮影、7時4分ようやくの初日の出ももちろん手持ち撮影、この日は三脚をぜんぜん使いませんでした。

この写真↑はフリッカーから写真を貼り付けているのでクリックで大きく見れます。

実家でお節料理を頂いたので50mmでパチリ

お節料理

F3.5  SS1/20  ISO320  家の中でもとても撮影しやすい50mmです。

ただし最短撮影距離は45センチ、大人の手のひらをいっぱいに広げて小指の先から親指の先でだいたい20センチぐらい。

両手を広げたぐらいの距離感ですので少し引くこともあります。

海辺を撮影してもキレイに写せる50mm

冬の海は美しい

F5.6  SS1/320  ISO100 50mm

透き通る冬の海がとてもキレイに撮影出来ました、お散歩で来ていてサクッと撮影してもこんな感じ。

子供が海で遊ぶ

となると子供は冬でも海で遊びたいわけで、しばし撮影して遊ぶ。

寒くないのかな

F3.5  SS1/2500  ISO100 50mm

寒くないんでしょうかね??

今年のお正月はとても暑かったですが海はやりすぎだと・・・

上から撮影

海沿いのお花も撮影したよ

アロエの花か

アロエ?巨大な花の塊なんですが、いろんな所でこの花が咲いています。

イメージとしては多分、この花は夜になると人を食べてしまうと・・・嫁が言っていたw

水仙

水仙はもう凄いたくさん咲いてますね~今月は佐久間ダム辺りに撮影に行きたいです。

翌朝の朝焼けも50mmでパチリ

おどろしい

翌朝、ふと目が覚めて窓を見ると真っ赤になっていて慌ててカメラを持って海にいきました。

家からすぐの場所なんですが、起きて気がついて急いで着替えてカメラを持って出ても刻々と変わる朝焼け。

たぶん気がついた時が最後でそれ以前が良かったのかも知れない。

例の夜になると人を食う花を前景にしてパチリw

20170102-750_2057

F8  SS1/40  ISO400 50mmで正月2日の朝焼けを手持ちで撮影、フリッカーから写真を貼り付けているのでパソコンならクリックで大きく見れます。

もちろん50mmですよ~、とてもキレイだったな~ちょっと寒かったけど。

出来れば日の出も撮影したかった・・

ベランダから星だって50mmで撮影出来るよ

ベランダで星撮影

F2  SS5  ISO1600 実家のベランダからオリオン座

一応F値が1.8と明るいので星は容易に補足出来るのでピント合わせはとてもラクチンです。

が、場所がベランダなので三脚(父の持ち物)にセットしてもグワグワと足元が動くためちょっとブレてます。

物干し竿も写っていてベランダらしいw

50mmなら動物も可愛くキレイに撮影出来る

実家の猫も50mmで

F2.8  SS1/250  ISO200 50mm

実家の猫が机で日向ぼっこしてたのでパチリ。

家の中ですが全く問題なくシャッタースピードが上がるのでとてもラク。

気楽に持ち歩ける50mmは2本目のレンズに最適

高画質で高品質、それでいて安価なAF-S NIKKOR 50mmf1.8Gはお散歩用のレンズに超最適です。

このレンズで嵌りレンズ沼にズブズブ行っちゃう人が多いらしいですが僕もその一人ですw

それぐらい良いわけで、フルサイズで使うと標準レンズと言うことらしいです。

APS-CのD5500で使うと中望遠の75mmになるので注意です(この部分が人によってはデメリットかも知れない)

暗い時間から明るい時間、家の中も外もどこでも気軽に使えるのが良い所。

単焦点なのでズームはありませんが足を使ってアナログになりましょう。

キットレンズでは得られない高画質な写真がすぐに撮れるのは間違いないです。

感動すらするぐらい高画質なのでこのレンズは間違いなく手に入れるべきレンズです

その他のフルサイズ+50mmの雰囲気を知りたい方は星をボカした写真が撮りたくてオリオン座で悪戦苦闘 | カメラアマの写真も全部50mmで撮影しています。

スポンサーリンク
上から撮影

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です