ニコン単焦点レンズ50mmを公園で初撮り「作例有り」

50ミリ単焦点はお散歩に良い
スポンサーリンク

日曜は明るくて気持ち良いお天気に恵まれたので午前中だけ子供たちとワンコを連れて近くの公園へ行ってきました。

もちろん手にはニコンD5500をとり、レンズは最近購入したばかりのAF-S NIKKOR 50mm f1.8Gのみ、他のキットレンズはお留守番です。

この日が屋外での初めての撮影になりますから公園でもどこでも行きますよって感じのパパになっております。

尚、記事前半はボケ具合を確認しておりますが後半は単なる日常を切り取った写真日記になっていますがお暇ならお付き合いください。

やっぱり単焦点50ミリ思った通りの狭い画角ととろけるボケ具合で個人的にはとても好きなレンズ

ニコンの単焦点50ミリのボケ具合を確認

ボケスキ~な素人丸出しで恐縮ですが、一応家の中でボケ具合を見てみました。

三脚を使いF値だけを変えて同じ場所から撮影しています。

f1.8の時の写真は以下の通り

こんなにボケボケになりましたっけ?と言うぐらいにボケボケですね~それと写真が明るいのが嬉しい。

f1.8の時の写真

f2.8の時の写真は以下の通り

f2.8の時の写真

f3.5の時の写真は以下の通り

f3.5の時の写真

f4の時の写真は以下の通り

f4の時の写真

f5.6の時の写真は以下の通り

f5.6の時の写真

こうして見るとF4も好きかもしれませんがせっかくなので公園ではF1.8で撮影しました。

家の中で猫ちゃんを50ミリ単焦点レンズで撮影「作例」

珍しく近くにいたので猫を撮影、嫁さんに助けてもらわないとうまく撮影出来ませんw

絞り優先Aモードで撮影しています。

f2.8の猫写真

前回50ミリを購入しましたーって言う記事でも掲載していますが猫を撮影するのは本当に難しいです。

だまってジッとしていてくれませんからね、可愛く撮影している人は天才なのではないでしょうか??

f2.8の猫ちゃん

気がつくとiso感度が6400とか4500とか簡単に上がりますね~夜の家の中ってやはり暗いんですね。

iso4500の猫ちゃん

上の画像はf2.8でiso4500です、たぶん露出補正は+0.3のような気がします(笑)

屋外で初めて50ミリを持ち犬と子供と公園へ行ってきました「作例」

50mm小4撮影

暖かい冬らしい晴れ間にブラブラとお散歩は気持ち良いですね~カメラ片手に犬のリードを持っていると小4娘がカメラをよこせと言うので貸すと早速パシャパシャしておりました。

やはりカメラ本体の大きさは小学生4年でも気楽に扱える大きさらしく気軽に撮りまくり、以前教えたセレクトカラーの設定を教えろと言うので今回は無しにしてもらいました(メンドクサイので)

歩道脇に植えられた植物が生き生きと見える。

小4が撮影した50mm

下の娘小2と僕とワンコの後ろ姿。

娘の躍動感が伝わりますね~、犬もグイグイ引っ張ってるし・・・構図らしくなっててキレイだし言うことない。

毛をカットする前の記念に撮影

とっくにトリミングのタイミングが過ぎたワンコの写真(2月4日にトリミングへ行きます)今回はハゲにしてもらいますw

うーんそれよりもワンコってもう少し絞って撮影したほうが良いかも知れませんね、変に体がボケてますw

以下よりパパがカメラマンをさせてもらいました。

50ミリ単焦点はお散歩に良い

何かを指差す下の娘小4。

こういう写真は本当に大好きです、このためにカメラを購入している感じなんですが・・・おかしいかな??

風景なんかより個人的にはこっちの写真のほうが100倍ぐらい好きなんですよね^^;

レンズが明るい

公園と言えばお水を飲むシーン、しかしまぁレンズが明るいです。

少し白とびするぐらいが好きなんですよね~。

縦写真も

たまにはD5500を縦に構えて撮影してみる。

ブロガー癖が抜けなくてカメラは横で構えるのが普通になっているんですがたまには縦の写真も撮影しないともったいないですよね~、ブログで使う画像は横のほうが使いやすいのです・・・

遊ぶ娘

気持ちの良いお天気なので遊具に登りっぱなしですが写真だけは沢山撮ります。

50ミリなので全体は写せません、写したいなら被写体からグングン離れないと撮れませんからね~。

とてもアナログチックなレンズですがソコがまたまた大好きです。

前ボケと後ろボケの写真

前ボケも後ろボケも撮れる

丁度良く前ボケと後ろボケの写真も撮れそうだったので挑戦してみました。

さすがに無意識の状態では難しいので「そこでストップ!!そのまま」と言いながら娘を静止させて撮影。

それなりに撮影出来ました、娘の右足がほんのりボケてますし手前のロープや後ろの木がボケていてやっぱりボケスキ~にはたまりませんね。

見上げての写真も楽しい

こちらの画像も前ボケと後ろボケ、プラスして見上げるようにして撮影しました。

これも無意識での撮影は困難なので動きを止めてもらいました。

「小学生を可愛く撮る」子供写真が好きで撮影で気をつけている13個 – カメラアマ

50mmがいくら狭くてもかなり寄らないとこういう写真は撮れませんから自分もよじ登るのですがそのおかげでユラユラしちゃいますがなんとか撮れました。

今回のまとめ

すっかり寒い週末でしたが日曜日は晴れて良かったです、購入したばかりの50mmを使って写真が撮りたくてウズウズしていましたからね。

やはり僕は単焦点50mmが大好きなんだとわかった日でした、ただし、ふと思うのは見上げるような写真を超広角レンズで撮影したらどんな写真になるのかな?と思ったりしています。

これまた違った味のある写真が撮れそうでおもしろそうだと思いませんか~?

手賀沼の夕暮れを背景に娘をD5500に50ミリ単焦点レンズで撮ってみた「作例」

D5500に単焦点レンズAF-S NIKKOR 50mm f/1.8Gの組み合わせが好き「作例多数」

スポンサーリンク
50ミリ単焦点はお散歩に良い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です