ニコンD5500使用3ヶ月レビュー小型で電池持ち最高な1台です

D5500箱を開けるとまた箱2つ
スポンサーリンク

ニコンD5500ダブルズームキットを購入してから早いものであっと言う間に3ヶ月が経過しました。

その間に色々な場所へ行って撮影したりしてD5500の良い点、悪い点が見えてきました。

そんなわけで今回はわずか3ヶ月しか使っていませんが、D5500の使用レビューと今思っている事をツラツラと書いておこうかと思います。

もちろん半年、一年使ってみたらまた考えも変わるかも知れませんが、最近はじめたインスタグラムなどにはD5500を知りたくてコメント貰ってみたりして買う前の不安や使い心地を知りたいんだろうな~と言うことですね。

と言うわけで相変わらずスペックなどは他所様のブログなりを見てもらうとしてここでは使い心地のみを書いておきます。

デジカメ初心者にも優しい作りのD5500は子どもでも使いやすく小型で電池持ちも最高

使用3ヶ月レビューと言うことでそれなりに撮影してきて良い所と悪い所がわかってきたので評価をしてみます。

が、あくまでも個人的な意見になるのでご了承ください。

D5500ここがチョットいけてない3点(個人的に)

バリアングル液晶

まずは僕が感じたデメリットからですね、あんまり感じないのですがそれでも多少はあるので書いておきます。

1.水準器が搭載されていないので癖である右下がりの写真になってしまう、でもシャッター押したときのブレかも知れませんがw

2.チルト液晶にしてもらいたい、なんちゅーワガママなのか!三脚固定で液晶をちょっと下げたくても完全にカメラ本体からズラさないと下げられないからメンドクサイのですw

とくにストラップをつけている時に感じるのですが、液晶画面を動かそうとするとストラップが邪魔で動かしにくい時が多いのです。

ケーブルレリーズをつけていると液晶画面が回らなくなります(コードが邪魔するのです)

3.タッチ液晶使用時のオートフォーカスが遅いので犬や猫が逃げて写真にならないw

今思いつくのは上の3点ぐらいでしょうかね?そのほとんどが「お前が下手なだけだろ~」と思われても仕方ないのが悲しいんですが・・><

次項からはメリットと言うか使っていて気持ちの良いこと。

D5500なら誰もが一眼レフデビュー出来る

娘にとっての焦点距離

まずは、小さいです、軽いです、とても持ちやすい(構えやすい)です(フルサイズ機と比べて)上の画像は小4女子がカメラを構えて花を撮影していますがこんな感じで子供でも簡単に撮影が出来ます。

D5500はとても扱いやすいカメラです、その為大人でも子どもでも自由にカメラを持ち撮影出来る玩具ですね。

一眼レフの中級機になってくるとフルサイズ一眼レフです~とアピールするような大きさになってきますがD5500はとても小さくコンパクト。

460グラムの本体にレンズをつけると軽さと言うアピールは無くなりますがカメラ本体の大きさだけは小さいです。

でもね、やっぱり一眼レフなんです、ミラーレスやコンパクトデジカメとは違いカメラ本体は思いのほか大きいし嵩張ります。

カメラを趣味にしたいとかそういう願望がなければミラーレスでも十分ですからね。

ちょっとお値段高めだけどα6300なんて小さくて扱いやすい、けど高すぎるならα6000とかもうこれで十分です。

(参考記事)α6300とα6000を超簡単に比較、AFは爆速です

写真の写りはAPS-Cサイズなので基本変わりません。

APS-Cって何?って人は35mm換算と焦点距離と画角って何?カメラ用語は難しいの「35mm換算って何?」という項目を読むとなんとなくわかると思います。

画像を作り出すセンサーの大きさが違うのです。

画質は良いですよ(当たり前だけど)

等倍表示

当たり前ですが画質は良いです、スマホと一緒にしてはいけない部分です。

一緒なら買いませんからね、またフルサイズ一眼から比べても我々素人からするとパソコンで見る分には違いがわからないぐらい良いです。

少なくとも僕にはわかりません。

ただ、うまい人が撮影すればスマホで撮影しても違いはわからないだろうと思いますが・・・残念><

上の項目でも書いていますが一応上から2番目のセンサーサイズなので問題は無く普通に家族の記録を残すだけなら全く問題はありません。

その気になれば写真を2メートルぐらいまで引き伸ばしても使える画質です。

家族の記録を残すには最適な大きさのカメラ(小型です)

D5500を選んだ最大の理由はやっぱり家族の記録を残すこと。

なので重かったり扱い方が難しいのは無理なんですね、今でこそカメラが趣味になってきたのであまり考えませんが今より重くなったらちょっと困ります。

気軽にいつでも写真が撮れるカメラが良いのです。

手賀沼に野鳥撮影D5500キットの望遠ズームレンズでも近いなら有り

近所の公園へいったとき、運動会、参観日、地域のお祭りなど家族の記録を残すシーンでかなり活躍してくれます。

バリアングル液晶は自分撮りするならあったほうが良い

僕は自分を撮影することはありません、なので希望としてはチルト液晶と言って液晶画面が上下だけしてくれれば良いと考えていますが、D5500の液晶画面はクルッと反対側に周り自分で自分を撮影出来る便利な機能です。

これが欲しくて買う人もいるようです、スマホの自分撮りの影響でしょうかね?

(参考記事)D5500のバリアングル液晶のメリットと動きはどんな感じ?「動画有り」

タッチ液晶

バリアングル液晶画面をタッチして撮影する機能が搭載されているのです(その他、設定時や撮影した写真の拡大縮小などもタッチで出来る)

使う用途としては超ローアングル時で、犬や猫を目線で撮影しようとすると床スレスレにカメラを構えるときに液晶画面を見ながら追いかけるわけですが、その時に液晶画面をタッチするとオートフォーカスとシャッターが切れるわけです。

とても便利な機能ですね~、家の犬や猫の撮影ではしょっちゅう使っていますよ、あると便利です。

バッテリー(電池持ち最高)の持ちがめちゃくちゃ良いです

この間、天の川撮影時にずっと三脚にカメラを固定して撮影していたんです。

23時頃から液晶画面でピントを合わせて撮影を繰り返して、明け方にようやく電池のマークが一つ減るだけでした(撮影枚数は100枚ぐらい

その後、翌朝は5時ごろから桜の撮影したりして、撮影場所の現地調査で撮影したりしましたがかなり電池の持ちが良いです。

家で子どもやお散歩写真、子どもの運動会ぐらいなら換えの電池なんて全く必要ないと思いますよ。

やっぱりwifi機能は便利です

wifi機能が便利

もうね、これからのデジカメにwifi機能が無いカメラは購入候補から外してもかまわないぐらい便利です。

撮った写真をカメラからスマホへ送りSNSで使ったり、撮影の確認に使ったり、スマホをリモコン代わりにしたりと使う用途が多いです。

(参考記事)d5500のwifi接続と使い方を解説スマホに送れて便利

ダブルズームキットを購入しておけばとりあえず他にレンズはいらない

子どものいる家庭ならまずはダブルズームキットを選らんでおいて間違いはありません。

あとから望遠レンズとか高い買い物になるだけなので最初に購入しておきましょう(僕はそうしました)

カメラが趣味になるようであればそこから色々とレンズを調べてみたら良いのです。

簡単にボケた写真が欲しいなら単焦点レンズの35ミリとか50ミリあたりを購入しちゃえばキレイな画質とボケが手に入ります(簡単です)

僕はこれでカメラが好きになったんです。

(参考記事)ニコン単焦点レンズ50mm/f1.8購入レビューと作例

(参考記事)ニコン単焦点レンズ50mmを公園で初撮り「作例有り」

そこでD5500の購入時には迷いました、ダブルズームキットでは無く欲しいレンズで購入を考えましたが、子どものいる家庭なのでズームは絶対に必要になる(運動会や学校行事で)パパがカメラやってるのに運動会の写真撮れないなんて言い訳出来ませんからね(笑)

夜景撮影とか星や天の川も撮影出来る

桜と天の川だろう星写真になりました

上の写真はクリックで大きくなります。

えっと・・・まだ天の川は撮影出来ていませんが間違いなく撮影出来るはずなのです(笑)だって星は撮影できましたから。

それから夜景の撮影も出来ます、とてもキレイな東京の夜景も撮れるカメラなので安心して購入しちゃってください。

d5500キットレンズで天の川撮影

(追記)上の画像はD5500の標準キットレンズで撮影した天の川です。

広角18ミリで撮影しています、カメラの設定はF3.5 シャッタースピード15秒 ISO感度2500

まだ春の天の川なのでそんなに綺麗に目視出来るほどではありませんでしたがこれぐらいの写真は撮れます。

目視がちゃんと出来るぐらいの天の川で光害の少ない場所であればもっと綺麗に撮影出来るはずです。

(参考記事)4月の天の川撮影をカメラ初心者が初めて行ったが完敗しました

(参考記事)東京の夜景撮影に市川アイ・リンクタウン展望室は楽しい

夜間撮影のISO感度もそれなりにOK

D5500のiso比較

上の夜景撮影に続いて、夜間や暗い場所で撮影したいときに効果のわかるISO感度、D5500はISO25600まで使えます。

ISO感度は僕の許容範囲ではISO3200までなら使える画質です。

星などを撮影するにしてもISO3200もあれば十分だと思います。

DSC_1981

上の画像はISO3200で撮影しています、レンズは超広角レンズを使っていてキットレンズではないです。

(参考記事)D5500のISO感度ノイズ比較をして使える範囲を設定

ビデオとしてのカメラ

うーん、おすすめはしませんがビデオが撮れることは間違いないです(僕は写真撮影にしか使っていない)

ですがビデオならビデオカメラのほうが良い仕事をしてくれるはずなのでおすすめはしません。

やるなら外部マイクなどを用意したほうが良いですよ、オートフォーカス(ピント合わせ時のジーコジーコ言う音が入りますから)

交換レンズがどうしても欲しくなる

うーんデメリットなのかメリットなのかわからなくなりますが交換レンズが欲しくなりますね。

その交換レンズを選んでいる時間が楽しいし、悩んでいるのもまた楽しいのですが普通じゃないのかな?

せっかくレンズ交換式のカメラを購入するなら欲しくなって当たり前ですね。

EFFECTSモードにすると楽しい写真が撮れる

いろんな表現方法がある写真撮影ですが、僕がお気に入りなのが白黒(モノクロ写真)とセレクトカラーです。

テレビCMでたまに見る、唇だけが赤いとか、ビールだけが黄色で他は白黒になっているシーンありますよね~あれが撮影出来ちゃうのです。

ピンクの花

どうです?なんか変わった写真でおもしろくないですか?

こういう楽しい写真が撮れるカメラがやっぱり好きですね。

(参考記事)セレクトカラー機能が楽しい、白黒の世界に一色だけ色をつけるあの写真

ニコンD5500ダブルズームキットレンズの作例

鳥

キットの望遠レンズで娘が撮影した鳥さんです

小4飛行機3

飛行機も望遠ズームレンズで娘が撮影しました

メカメカしい

上の飛行機を拡大した写真。

やっぱり難しい

標準レンズで撮影した夜景

f45mmISO 100

水仙も標準レンズで撮影

一番面白い写真

娘と一緒に車のレーザービームを三脚使って撮影(標準ズームレンズ)

梅の背景に建物は良いね

こちらの梅は望遠レンズで撮影

D5500で満足しているのか?購入して良かったか?

もちろんですが、購入して正解でした。

まだまだ撮影する知識も腕前も全然勉強が足りずに困ることが多いのですが全ては知識不足ですのでカメラが悪いわけでは無いです。

写真投稿サイトなどを見てみると皆さんこのカメラでめちゃくちゃキレイな写真を撮影されているわけですから何かが劣っているわけでは無いです。

デジカメ初心者さんなら間違いなく必要十分な機能を持ったカメラですから少しでもブレた写真を撮影すると全てわかるぐらい高画質です。

これから撮影経験を増やして少しでも早くD5500に満足しない程度になりたいぐらいですが、今だに機能の一部しか覚えていない状態なので先は長いですね。

で、3ヶ月も使うとそろそろ次のレンズが欲しくなるのですw

カメラ初心者がキットレンズの次に欲しくなるレンズのおすすめは?

2016.10.10

最後にD5500を購入したときの開封レビューはこちらです↓

ニコンD5500ダブルズームキット購入レビュー

スポンサーリンク
D5500箱を開けるとまた箱2つ

6 件のコメント

  • 初めまして、自分も一眼が始めたくて選択肢としてd5500か8000dに行き着きこちらのブログに辿り着きました。

    さんざん比較した結果、グリップの握りや見た目、軽さやシャッター音等ハード面では圧倒的にd5500、ただSDカードを持ち込んで撮らせてもらった撮って出しの色味は8000dが確かに綺麗、そして8000dには水準器が付いていて又手頃な価格の単焦点レンズがある。

    という点でとても悩んでなかなか買えないでいます。

    実機をお持ちになっている経験からの何か背中を押して頂けるアドバイス等頂けないでしょうか?

    それと店頭で撮り比べした時8000dと比べるとd5500は人肌の色が薄いというかちょっと暗めに写っていたのですが、これはピクチャコントロール等で保管できるものなのでしょうか?
    技術が伴えば人を撮っても十分綺麗に撮れる感じでしょうか?

    • はじめましてコメントありがとうございます

      カメラを買う時の悩み所が僕と全く一緒のようで親近感さえ出てきます。
      D5500と8000Dで撮影した同じ構図の写真がお店にあり、小2女子にどちらが良い?と聞くと決まって8000Dの写真を選びました(シャッフルして3回とも)
      それぐらい撮ってだしの写真の色味が良いと言うことで僕もグラつきました。

      と言うことで背中を押すなんてことは出来ないのですが、僕が選らんだ時の思考を書いておきます。

      D5500⇒軽い、電池持ちが良い、価格が安い、グリップが良い
      8000D⇒色味が良い、安価な単焦点がある、水準器、中級機のような本体装飾

      とそれぞれ良さがあって悩むのは当たり前のことだと思うのです。

      色や水準器無しでの傾きは全てソフトやアプリで修正が出来る(やる気があれば)

      D5500⇒軽い、電池持ちが良い、価格が安い、グリップが良い
      8000D⇒安価な単焦点がある、中級機のような本体装飾

      するとこんな感じのメリットに変わりますね。

      趣味にするか記録として購入するかでも違うと思うのですが、趣味にしたい~と思うのであれば安価な単焦点レンズは手が出しやすくて気になるところだとは思います。

      が!、たぶんそれは最初だけだと思います、そのうちコレが撮りたい、アレが撮りたいとなってくるともっと違うレンズや機材が欲しくなるはず

      なのでどちらのカメラを購入したとしても悩みはつきませんし、お金は都度かかります。
      現在三脚でめちゃくちゃ悩んでいるのです(笑)

      D5500⇒軽い、電池持ちが良い、価格が安い、グリップが良い
      8000D⇒中級機のような本体装飾

      するとメリットがこんな感じに変わってきます。

      本体につく液晶表示がカッコイイと思うのなら8000Dの買い
      そうじゃない場合はメリットがD5500が多くなります。

      なので僕は単純に触った感触と見た目でD5500を選びました。

      回答になっているのかわかりませんが以上になります^^;

  • やはりd5500の軽さというのが大きくて、自転車が趣味なので持ち運びに楽な、なるべく軽いカメラが最初に選ぶ時の優先事項だったのです。

    肩液晶が便利なのかどうかは使ってみないと分からない所もあって、自分にとって確かなメリットが多いのはd5500なんですよね、ただこのメリットも重いレンズとか三脚とか持っていきたくなってくると結局一緒になって来るような気もするのですが…

    回答有り難うございました。d5500に気持ちは傾いているのですがもう少し考えたいと思います。

    • 自転車での持ち運びでしたか、車ならそれこそどれでも良いんですけどね、重いレンズつけてしまうと軽い小さいメリットがどんどん無くなるのは事実ですからジックリ選んでみてくださいね。
      悩んでいるときも楽しいですから^^

  • 初めまして。

    小生、40年振りに一眼レフカメラを購入するに際し、大変参考になりました。高校生の頃、ニコマートとタムロンの28mmの広角レンズで写真を撮
    りまくっていたものの、カメラが壊れてから「写ルンです」のようなイン
    スタントカメラや、コンデジで誤魔化していました。
    急にカメラが欲しくなり、キヤノンかニコンかを悩みましたが、貴殿のコメントや、元々ニコンを使っていたためD5500を購入しました。
    ペンタブリズム搭載で防塵対策されたD7200も検討しましたが、学生時代のようなモチベーションも無いため、貴殿のコメントを参考にいたしました。いいカメラです。

    • DMH17Hさんはじめましてコメントありがとうございます。

      40年ぶりのカメラですか!うちの親父も若いころはカメラの学校とかいっていたようですが最近は全く撮りません。
      新しく買ったカメラで若いころを思い出して沢山撮影してみてください。
      めちゃくちゃ楽しいと思いますよ~。
      D5500は小型のくせに写りも良いし全く問題なく楽しめるカメラです^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です