体育館の写真撮影は難しいカメラの設定どうしたらいいの?

55mmの写る様子
スポンサーリンク

完全に舐めてました、体育館での写真撮影ってめちゃくちゃ難しいです。

以前にも撮影したことはあるんですが少し知識がついてくると「あれ?こんなんしか撮れないの?」と気になってしょうがないです。

全体的に暗くなるし、ブレるしどうしたらいいのか最初はわかりませんでした。

そんなわけでいくつかわかった事をご報告。

体育館の撮影D5500のキットの望遠ズームがあって良かったが設定がムズイ

小学生の父兄なら年に数回学校行事でカメラを持ち込むはず。

校庭だったり、教室だったり、体育館だったりと撮影場所はいろいろあると思いますが今回は体育館。

暗くした館内でステージが明るい場合はまた別の設定などがあるようですが今回は全体的に明るい感じだった。

それでもカメラは暗いと認識しちゃいますのでオートで撮影するとISO感度がめちゃくちゃ上がりますので注意が必要。

(ISOが上がるとノイズがひどくなるから)

カメラの設定(比較的明るい館内)でなんとなくわかった事

結論を先に書いておきます

1.三脚もしくは一脚を使うと撮影が安定する。(手ぶれ防止になるから)

2.絞り優先モード(Aモード)にてF値を小さい数字にする(シャッター速度を上げる)

3.ISO感度は自分の許容範囲を知り、上限を決めて設定してあげる、僕の場合だとISO1600までなんですが3200でもたぶん問題無いはず。

4.多少暗い感じであれば露出補正をプラスにしてあげるのも良い(今回はプラス0.7まで上げて撮影した物もある)

体育館の照明

体育館の照明はこれだけ

キットの望遠レンズの写る範囲

D5500のダブルズームキットなら望遠側が300mmあるので余裕

距離的に何メートルあるのかはわかりませんが標準的な体育館だと思いますw

そんな中一番後ろの壁に近い場所からの撮影になったのですが、これは覚悟していたので最初から望遠レンズだけで挑みました。

と言うことでキットの望遠レンズがどれぐらい遠くまで写せるのか見てみましょう。

55mmの写る様子

上の画像f5 1/40 55mm ISO1600

広角側の55mmだと上のような感じで写る範囲が広いです。

100mmの場合

上の画像f5 1/40 100mm ISO1600

100mmにするとこんな感じになります、これでも結構遠くまで撮影出来る。

210mmの範囲

上の画像f5.3 1/20 210mm ISO1600

倍の200mmぐらいだとこんな感じになります。

300mmの場合

上の画像f5.6 1/50 300mm ISO1600

ちょっと色合い違ってますがあくまでも画角を見てくださいね、たぶんキットレンズの望遠ズームってどれぐらい写るんだろう?と思う方もいると思うので掲載しています。

あれだけ遠いところの被写体がドンドン大きくなりました、子供たちの顔もバッチリ写ります。

300mmだと顔もバッチリ

上の画像f5.6 1/40 300mm ISO1600

300mmで撮影すると普通に子供たちの顔も入るし大きくなるので心配はありません。

ISO感度の許容範囲を確認しておこう

暗い館内で撮影するのであれば今回のように激しく動く場合じゃなくてもシャッタースピードは上げたほうが良いです。

その為にやることと言えばISO感度を上げることになります。

でも上げすぎるとノイズが入ったザラザラした写真になるので自分が許せる範囲のISOの上限を決めておきましょってことです。

D5500のISO感度ノイズ比較をして使える範囲を設定

2016.01.13

ISO感度を自分なりに超簡単に理解したのでシェアしてみる

2016.10.06

シャッタースピードに注意して手振れを防ぐ

手振れでブレブレ

体育館内での撮影での敵は暗い館内とシャッタースピードの遅さだと思われる。

ISOを許容範囲内で上げても理想のスピードにはなりません。

よく言われるのは手振れしないシャッタースピードは(1/画角)今回の場合だと300mmを使うのでシャッタスピードが1/300を下回ると手ブレの危険性が増える。

でもこんなスピードには到底なりません。

140枚ぐらい撮影した中で300mmで一番速かったのは1/160でした、この時のISO感度は3200にて撮影。

ISOを1600ぐらいにしてシャッタースピードの平均が1/30~1/60ぐらいだったのです。

ブレる写真

上の画像f5.6 1/25 300mm ISO800

試しにISO800にして撮影してみたんですがシャッタースピードが遅すぎて手振れ回数が増えました。

普段から手持ち撮影ばかりしている人なら案外いけるかも知れませんが僕のように三脚頼りにしていると手持ちはメチャつらい。

前に立つ奥さんの右肩にレンズを乗せさせてもらい撮影しました(笑)意外と安定します。

三脚もしくわ一脚はあったほうが良い

もし体育館内での三脚使用がOKであれば迷わず使ったほうが良いです。

無ければ一脚でも十分です、カメラを手だけの2点で支えるよりも一脚を足して3点で支えるだけでもかなり変わると思います。

実際に使っている人が数人いましたがとてもラクそうでした、とくにビデオ撮影なら尚更あったほうがラクです。

学校行事で使うので使用頻度は低くなりますので安価な物で十分だと思います。

幼稚園や授業参観でママが気楽に使える一脚は小型三脚にもなるので便利です

2015.11.08

「三脚選び」一眼レフ初心者が失敗しない為のポイント5つと僕が選んだおすすめ三脚は?

2016.05.21

フラッシュは意外と迷惑です(小言だけどw)

大きな一眼レフを持ったお父さんが奥さんの後ろからフラッシュを光らせて撮影していました。

何度もそんなことがあると奥さんはとても不機嫌になるのですw、ウザイ!と・・・

まぁ~しょうがないですけど出来る限りフラッシュは使わないほうが良いような気がします。

会場を見渡してもほとんどの父兄がビデオカメラで撮影している感じだし、カメラを持ってる人も多いのですがフラッシュを使う人は極端に少ないです。

かなり目立つ行為なので控えましょってことですね。

今回のまとめ

D5500のダブルズームレンズキットの望遠ズームの手振れ補正はかなり優秀だと思います。

プルプルと手が震えているのがわかっているんですがそれなりに撮影させてくれました。

体育館でもっと暗いステージなんかの撮影がある場合は出来る限り三脚を用意してから伺いたいと思います。

たぶんそれだけで安心感が増える気がする。

望遠レンズが楽しい!遠くのものを写すだけじゃない使い方

2016.11.15
スポンサーリンク
55mmの写る様子

2 件のコメント

  • こんばんは。
    しまるです。
    私は、体育館で子供の空手の試合の撮影を
    年に数回やっているのですが、D5500に使用するレンズはもっぱらタムロンA009です。ヤッパリf2.8通しでないと、体育館での撮影は厳しいですね〜
    普段使いはA007(24-70 f2.8)ですが、体育館だとA009になりますね。
    「おっちゃん」さんもA009購入されてたのに、何故ここで55-300???て思いましたよw
    まあ、画角の関係もあったんだとは思いますが、ここはヤッパリf2.8でしょう‼︎

    • しまるさん、おはようございます

      なははご指摘通りです、以前α6000にタムロンの高倍率18-200のレンズつけて体育館で、撮った時に後ろのほうだと自分が思った通りに届いていなくて
      今回はあえてのキットレンズでした、思い通りに55-300は届いているんですが暗かったです。
      おまけに体育館での設定とか全然勉強せずにいったので散々でしたが良い経験になりました。
      わずか1時間ぐらいですがこういう経験談はブログのネタにも最適なので^^;
      次回は前の方を場所取りしてA-009でいきたいですね~。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です