α6000におすすめのマクロレンズはスナップもいけるよ

ミツバチが菜の花の蜜を取りに来ていた
スポンサーリンク
こんな写真も撮れる2

ミラーレスカメラをさわり初めて少し経ちマクロレンズSEL30M35でお花の拡大写真や水滴などを撮影してみたいな~となんとなく考えてついアマゾンで安いマクロレンズを購入してしまいました。

ソニーのEマウントレンズの中にマクロレンズがあります、SEL30M35と言うお値段的には20000円ぐらいなんですが買って良かったレンズです。

このレンズのおかげでマクロレンズ=お遊びレンズだと言う勝手な認識から解き放たれたのは言うまでもありません。

とても素敵な普段見ることがない世界が広がっていてマクロレンズの楽しさを教えてもらいました。

お花の細部まで写るα6000おすすめのマクロレンズは普段のスナップにも活躍

被写体にグググッと寄れる面白いレンズ

僕が購入したマクロレンズはとても安く高性能とはいえませんがカメラ初心者が始めて扱うにはお値段的にもレンズの重量的にもとてもピッタリで気楽に普段から装着しておけるレンズでした。

被写体に1cmまで寄れるレンズ

↑上の画像を見るとわかると思いますが被写体はレンズの箱で、そこに印刷された文字を撮影してみようとグググッと寄ってみました。

このレンズは被写体までの距離が1センチまで寄れるわけですがさすがに寄りすぎるとレンズが影になっちゃいますしピントも合わせずらいw

ですがレストランなどのお料理写真をグググッと寄って撮影するには丁度良いですし扱いやすいです。

この辺りママ友と一緒にランチとかBBQする時にとても重宝するレンズです。

1cm寄って撮影した結果

↑実際に上で撮影した印刷した文字も綺麗に撮れています。

初めて撮影したときはすごいな~と関心。

お花の細部まで写すことの出来るレンズ

ひまわり

↑たとえばこんなひまわりがありました・・と、そして細部の写真も撮影したいな~と思ったら出来るんです。

こんな写真も撮れる2

↑どうです?

なにも設定とかイジラナイでただマクロレンズを装着してカメラを向けただけでこんな風な写真がとれちゃうのがすごいと思いません?

ほかにも

こんな写真も撮れる

蜜を吸いにきた虫もこんな感じで撮影出来ちゃいます。

ただ虫の場合あまり近寄りすぎると逃げちゃうのでほどほどにしないといけませんが楽しくなりませんか?

マクロレンズなら水滴だって簡単に撮影

水滴だって美しい

マクロレンズを購入した一番の理由は実はこの水滴の写真を撮りたかったんですよね。

雨上がりなどに葉の上にたまる水滴の写真って見ていても気持ち良いですから自分でも撮影してみたいと思ったんですが中々うまく撮影出来ません。

カメラを持つ手がプルプルふるえるんですよ。

あとはもう少し設定などの勉強が必要かと自分なりに感じています。

動物のアップだってお手のものです

猫の瞳

猫の目って横からみると透き通ったガラス玉みたいに見えるんですがそれが表現出来ない腕の悪さ(笑)

まぁおいおい勉強するとして、こんな写真も簡単に撮影できちゃいます。

なんだかわかるかな?

↑この写真なんだかすぐにわかった人は凄いっす。

自分で撮影したあとに見ても一瞬なんだかわからなかったんですからね。

マクロレンズでも普通にスナップ写真が撮影出来ます

僕の認識ではマクロレンズ=お遊びレンズで、とくに小さな物をただ拡大するだけの顕微鏡のようなレンズだと思っていたんです。

ところが使ってみると全然違っていて認識を変えました、今回購入したマクロは普通に30ミリの焦点距離がある交換レンズとしても使えると知りました。

なので試しに撮影

マクロでも普通に撮影出来る

こんな普通の写真だってとれちゃいます。

マクロレンズで普通に撮影出来る

ひまわり畑を散策する人も普通に撮影出来る万能レンズですね。

これで安くてとても軽いレンズだったので普段のお散歩用レンズとしても十分に使えることがわかりました。

とくに赤ちゃんがいる家庭ならドアップでフワッフワな肌を撮影出来たり、赤ちゃんの手や足のドアップを写すことも可能だし、良い記念にもなると思うんです。

何よりレンズがめちゃくちゃ軽いので小さな子供がいる家庭には一本あると家の中での撮影ではとても便利ですよ~。

今回のまとめ

レンズって種類も沢山あってどれを購入していいのやらと頭を悩ませるわけですが、やっぱり自分が撮影してみたいな~と感じる被写体に合うレンズを購入することが一番だと思います。

レンズ構成を考えるうえでマクロも是非是非検討してみてください。

普段とは違う変わった写真が撮影出来て楽しいですよ。

カメラ初心者がキットレンズの次に欲しくなるレンズのおすすめは?

2016.10.10
スポンサーリンク
ミツバチが菜の花の蜜を取りに来ていた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です