望遠レンズが楽しい!遠くのものを写すだけじゃない使い方

外での様子
スポンサーリンク

広角レンズの次にハマッた望遠レンズ、かなり楽しいです。

人によっては子供の運動会で使ったきりであとは使わないなんて人も多いはず。

実は僕もほとんど望遠レンズは使っていなかったわけで、せいぜいカメラを購入した時に試しに鳥さん撮ったり、飛行機撮ったぐらいであくまでも試しです。

なので僕のように遠くのものを大きく写すことが望遠レンズの使い道だと思っているのなら少し勿体ないです。

キットレンズで持っている望遠レンズの特性を少しだけ理解出来ると写真の表現が広がって楽しみ方も変わると思います。

望遠レンズが楽しいので使い始めたおじさんがゴチャゴチャ書いていく

望遠レンズのメリットとデメリット

デメリットは何か?

まずは望遠レンズを使っていてデメリットだな~と感じた部分を紹介。

  1. 狭い室内では使いづらいです持っているレンズは70mmから始まるのでとくに使いづらいですが、キットの望遠だと55mmだから意外と行けるかも?
  2. ブレ易いです、焦点距離が長くなれば長くなるほどブレ易くなる。
  3. 長くて重いです、標準ズームに比べれば長さ重さがそれなりに大きくなりますよね。

僕が感じるデメリットは上の3つぐらいです。

しかしながら室内でわざわざ望遠レンズをつけて撮影することはほとんど無いのであまり関係は無い。

ブレ易いのはほんとにそう思います、三脚に固定して液晶画面で最大に拡大しているときにピントリングを回すと花がユラユラ(厳密にはカメラが動く)、ちょっとした微風でも花がユラユラしちゃいます。

なので慣れるまでは扱いづらいかもしれない。

あとは長くて重いですね、キットの望遠レンズもそれなりに重いし長いので普段持ち歩く気にはなれませんw

あっ、それから星の撮影にはやっぱり広角レンズのほうが良いと思いました。

シャッタースピードを6秒にしてもそれなりに星が流れてしまいます。

メリットは何か?

  1. 遠くのものが大きく撮れる
  2. ボケが簡単に作れる
  3. 背景を整理しやすい
  4. 圧縮効果

1の遠くのものが大きく撮れる

これが一番使い道としては多いのですよね、運動会や鳥のように遠くいる被写体を大きく撮影したいから望遠レンズが必要。

というわけでちょっとだけキットの300mmレンズの写る範囲を写真で紹介しておく。

55mmの写る様子

D5500の望遠キットレンズの広角側が上の画像

300mmの場合

望遠側の300mmだとこんなにも遠くのものが大きく写ります。

2、ボケが簡単に作れる

このブログで以前書いたのでそちらをお読み頂くと理解が深まると思います。

「背景ボケ」初心者がそれっぽい写真を撮影したい時のポイントは4つ

2015.11.09

ボケ好きにはたまらないボケですが、焦点距離を長くすれば簡単に前ボケ、後ろボケが作れてしまいます。

どんなボケがお好みなのか?自分の好きなボケ味をいろいろ探してみよう。

ボケ味

上の画像(左側F3.5 1/40 135mm ISO400)(右側F11 1/4 135mm ISO400)

135mmと言う望遠域でF11にしている右側のコスモスも写真の前後がそれなりにボケていますよね?

これが広角レンズだと全部にピントが合うぐらいになっちゃいますが、望遠レンズで焦点距離を長くしてあげればそれだけでボケが作りやすくなります。

あとはお好みでボケ具合をコントロールしてあげるだけ。

3、背景を整理しやすい

背景が極端に狭くなる(画角が狭い)ので整理しやすく無駄な物を簡単に排除することが出来る。

この部分が広角レンズとは違って被写体の背景がとても整理しやすくなります。

背景の整理

余計な物はいらないイチョウの葉と空の青さだけで十分だと思うならこんな感じで。

4、圧縮効果

圧縮効果・・ちょっと難しい言葉なのですが後ろの物体と手前の物体の距離を縮めてくれる効果・・こんな説明じゃわからないですよね・・

遠近感が無くなる効果・・これもわかりづらいので写真を見てもらいましょう。

説明下手ですいませんです。

広角で撮った写真

F8 1/40 70mm ISO400

↑70ミリで撮影するとこんな感じ、中央の白いコスモスと風車にはそれなりの距離感がありますよね。

ついでに人の頭も写っているので距離感があるのはわかります。

距離が縮まった

F8 1/13 200mm ISO200

↑F値を変えずに200ミリにしてみると距離感が縮んだようになりました、風車前で撮影している人の後ろ姿もいっきにこちらに向かってきましたよね。

これが圧縮効果です。

もう一つ事例

70mmでの滝の様子

F8 1/3 70mm ISO100

70mmの広角側で撮影した時の様子が上の画像、カメラを構える友人と滝の距離感に注目してみてください。

ごく普通の距離感に感じますよね?

155ミリのとき

F8 1/3 155mm ISO100

155mmで撮影した時が上の画像です、どうでしょう?いっきに背景が迫って来ているのがわかると思います。

遠近感とか全くなくなってしまっています、ついでに滝の水意外の余計な物が無くなり始めました(背景の整理)

距離的に友人と滝との距離はなんとなくですが30メートル以上は離れているはずなんです。

200ミリだとこんな感じ

F8 1/3 200mm ISO100

最後は最大に望遠させた200ミリでの撮影です、より滝が近づいてきてすぐ隣で撮影しているように見えちゃいますよね?

これが圧縮効果というやつです。

望遠レンズじゃないと圧縮効果ってないのか?

となると望遠レンズじゃないと圧縮効果は無いのか?と言えばそうではなく3つ上の写真のように70mmで撮影しても効果は現れるのです。

70でも効果はある

F16 1/2 70mm ISO200

上の画像の上部を見てみるとわかると思うのですがコスモスが密集していますよね?

写真の半分から下はまばらにコスモスが咲いているように見えるのですがこれが正解で、実際は上部ほど密集しているわけではありません。

またある一定の間隔でコスモスとコスモスの間に人が通れるスペースも何箇所かあるのです。

なので写真上部は圧縮効果が掛かっているわけです。

この写真からわかることは、焦点距離が短くても圧縮効果はあるということ。

なのでより望遠側で撮影すると圧縮効果が出やすくなりますってことです。

望遠レンズのボケと背景整理と圧縮効果がとても楽しい

遠くのものを大きく撮るためだけに望遠レンズを使うわけではないと知りました。

まだ知らなかった春頃にお花畑で白くて長いレンズを持った方が結構いて「花撮るのになんであんな大きなレンズが必要なんだろ??」と思っていました。

その理由は圧縮効果を狙っていたり、ボケ具合だったり、背景の整理だったり、マクロチックにと、撮る人の好みなんでしょう。

僕は50ミリの単焦点で十分だと思っていたのですが望遠レンズを使うとそれはそれでまた違った写りで楽しみ方が倍増しました。

特に街路樹の並木をそのまま広角で撮影すると木と木の間が開き過ぎておもしろくなかったのですが望遠レンズを使うことで圧縮し、並木が密集しているように撮影出来る。(とは言えこれも各々の好みですから)

密集

上の写真は望遠レンズを使って圧縮効果を出して並木を密集させている例ですが、実際はもっと木と木の間隔は広いのです。

あとは花畑でも同じようにまばらに咲く花を密集させたい時にはとても便利ですよね。

今回のまとめ

まだ望遠レンズを使い始めて2ヶ月ぐらいなのですが、望遠レンズの特徴がなんとなくわかってきました。

もちろん撮影する被写体で変えるのですが、花を撮影するときは間違いなく望遠レンズのほうが個人的にはヒットしてとても楽しいです。

少し遠目にいる花を好きな画角で捕らえ、液晶画面で最大に拡大してピントリングをユックリ回してお好みの位置でピントを合わせる瞬間。

リモコンを片手で持ちながら風が止み花が止まる瞬間を、液晶画面で最大にして見ながら待ってリモコンを押している時がめちゃくちゃ楽しいです。

と言うことで普段何を撮影しているのかはわかりませんが、もしかしたら標準ズームレンズよりも望遠レンズのほうがお好みの写真が撮れるかも知れませんよ~。

たまには使ってみてはいかがでしょうか?

以上僕が感じた望遠レンズの楽しさでした^^

望遠レンズとの対極側にいるのが超広角レンズですが広角は広角の楽しさがありますよん。

広角レンズの世界!キットレンズでは味わえないシグマ10-20F3.5で切り取る世界をレビュー

2016.07.28
スポンサーリンク
外での様子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です