7月に撮影したいスポットは?メインは天の川とヒマワリです

キットレンズで天の川撮影撮って出し


スポンサーリンク

早いものでもう6月になったので、いつものように来月の撮影したいスポットを備忘録代わりに書いておこう。

季節的にも暖かく、まだ雨が残るはずなんですが写真撮影的には体力的にもとても助かります。

夜も寒くはないだろうし何処でも行ける、そんな感じです。

7月のメイン被写体と言えば七夕と天の川とヒマワリ・・・かな?

天の川は絶対に撮影したい

上の写真はコンデジで撮影した天の川ですが、それなりに綺麗に撮れますね。

2016年のはじめからずっと追いかけているお星様。

毎年毎年天の川だけは撮りたい被写体の一つなのです。

5月は蛍が忙しく、6月は雨の影響がある。

お月様がいなくて、快晴で、暗闇ならどこでも撮れるし、天の川は時間に正確に出てくるのでとても助かる。

星グルグル撮影もだいぶ慣れてきたし、そのための三脚も購入したし機材はある。

あとは腕と知識と行動力だけですね。

ただレンズが毎度曇るのですがどうしたら良いのやら・・・

撮影したい場所はやはり房総半島の海沿いで岩と星を絡めて撮影出来たらな~と思っています。

ついでに海で遊びたいし・・・

そのためにゴールデンウィークに撮影スポットを散策して見つけておきました。

あけぼの山農業公園のひまわりと風車

マクロな使い方

7月と言えばヒマワリですね、あけぼの山農業公園は星も、日の出も霧も花も風車も全部撮影出来る場所で尚且つ自宅からもめちゃくちゃ近いので通っています。

夏になればヒマワリが咲くので青空とヒマワリだったり、ヒマワリと星だったりといろんな組み合わせで撮影が楽しめるはず。

なんとか時間作って行きたい場所ですね・・・ってかたぶん無理矢理時間作って行きますけどね。

なんと早速ひまわりの写真が撮れました~場所はあけぼの山ではなく佐倉ふるさと広場の風車とひまわりです。

あけぼの山のひまわりは7月25日ごろが見ごろ予定らしいですよ^^

秋田県八郎潟の夕日と星空

本来であればこのブログのメイン撮影スポットは千葉県なのですが番外編で毎年バス釣りで秋田県八郎潟へ行く予定がすでにあります。

夜な夜な高速飛ばしていきますから今回は釣りよりもあの広大な八郎潟をどう撮影しようか?

今からそんなことを考えています。

晴れたら星や風景、雨なら釣り、昼間は寝る、夕景も良いし、朝は日の出・・・は釣りの場所選定でたぶん日の出は撮影しないはず。

まっすぐな道路と星・・なんかも狙えそうだし、防風林と星なんかも楽しそうです。

ヘイケボタル

ホタル撮影の大失敗とリベンジ

最後は蛍ですね、上の画像は源氏です。

先日撮影した源氏ボタルの光の軌跡写真では、懲りておりませんし満足もしていません。

またちょっと違う形でホタルの軌跡写真を考えていて(イメージ)それが撮れるかどうか?

ヒメボタルから源氏ホタル、次がヘイケボタルになるみたいで少し点滅速度が速いヘイケボタルの軌跡写真を収めてみたいですね。

これまた柏から近い場所で2箇所ほど場所の特定が出来ていて(情報提供してもらいわかりました)

7月から8月にかけて撮影出来るようです・・・あくまでも自分で確認していないので予想ですね。

今回のまとめ

7月はざっとこんな感じです、他にもまだ行ってみたい場所はあるんですがどうしても時間との闘いでなかなかうまくいきません。

焦らずジックリとやっつけていこうかと思います。

犬吠埼方面へも崖犬吠埼燈台と天の川も行きたいんですけどね~^^

あっ、花火も後半から始まりますね。




スポンサーリンク

キットレンズで天の川撮影撮って出し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です