1月の被写体と千葉県おすすめ撮影スポット

成田山に初詣


スポンサーリンク

忙しい師走から解放されて、やってきました1月の被写体&撮影スポット。

初日の出、お正月、初詣と個人的にはやることが多い月ですが、とても大好きな休日かも知れません。

寒いのですが実家の南房総は結構暖かく、過ごしやすいのがいつものこと。

1月オススメの被写体や撮影スポット(千葉県)

初日の出

定番中の定番!

カメラを趣味にしていなくても毎年雨さえ降らなければ見ている初日の出。

初日の出ってカメラ遊びをしていない人でも撮りたい被写体だと思うんです。

やっぱり新年って気持ち良いし、新しいスタートって感じしますからね、なので晴天を希望したいところ。

千葉県房総半島の外房側であれば、ほとんどの場所で初日の出が拝めるはず。

有名所で犬吠埼灯台屏風ヶ浦の崖のある場所九十九里浜、東浪見海岸津々ヶ浦(雀島)御宿、勝浦、鴨川、千倉、野島崎灯台など多数ですね。

行かれる方は防寒だけしっかりやって行きましょう。

「初日の出」を撮影したいカメラ設定と撮る為のコツとポイント | カメラアマ

成田山新勝寺

成田山総門前白黒

初詣行くでしょ?地図貼っとくので行ってみてね。

どうせなら普段撮らない神社仏閣など、スナップがてらにパチパチしませんか?

ゆっくりとおでんとか、イカとかお好み焼きなどを食べてのんびりと写真も撮りたいな~とそんな感じ。

おみくじも忘れずに。。。新勝寺は夜中でもやってますよーー

夜間の初詣なら、高感度に強くて手振れ補正が入ったカメラと明るいレンズがオススメ。

とは言え手振れ補正なくても撮れますけどね。

↓毎年ほぼ深夜2時に伺う初詣の様子です、大混雑が嫌いな方はどうぞ。

成田山新勝寺で初詣FUJIのACROSが楽しい白黒写真 | カメラアマ

水仙

江月水仙ロード

千葉には「日本三大水仙群生地」なるものがあるのですよ。

淡路島・越前海岸・そして南房総の鋸南町と。

水仙を楽しむことが出来るコースは、江月水仙ロード(海抜6.7Mから海抜100M)の3.6キロ

寒いのでちょっとした運動がてらの、お散歩しながらの撮り歩きにも良いかも知れない。

「佐久間ダム」と「をくづれ水仙郷」

車でサクッと言って、サクッとパチリして魚介でも食べてドライブ気分で行くならこちらですね。

近くには鋸山もあるし、結構楽しめると思います。

千葉の撮影スポット「日本三大水仙群生地」佐久間ダムとをくづれ水仙郷 | カメラアマ

元朝桜と菜の花の抱湖園(ほうこえん)

↑1月の南房総はこんななんですよ、春じゃないですか!!

本当に1月なんです、不思議ですねー、菜の花満開、元朝桜も満開で春みたいですが、マジ寒いです。

千葉の撮影スポット「抱湖園」の元朝桜と菜の花が春にしか見えない | カメラアマ

元朝桜とメジロの抱湖園(ほうこえん)

メジロが撮りたくなったら、元朝桜とメジロはいかがでしょうか?

上で紹介している抱湖園(ほうこえん)ではメジロがワンサカ飛んでいます。

メジロはワンサカいるので、撮れないことはないです。

梅とメジロの前に元朝桜でどうぞ。

野鳥撮影「メジロ」を求めて南房総の抱湖園 | カメラアマ

チューリップ

チューリップ撮りたくないですか?

春のイメージが強いチューリップですが、こちらのアンデルセン公園だと年末頃から咲いているようです。

ポカポカ陽気な日にお散歩がてら行ってみて下さい。

「千葉の撮影スポット」船橋アンデルセン公園のチューリップ | カメラアマ

ゴツゴツ岩と夕陽

海底から姿を出した岩撮りたくないですか?

こちらの夕陽と岩のコラボは、2月ぐらいまでがオススメっすよ。

ただ干潮満潮の時間を調べてから行かないと、単なる海の写真になっちゃうので注意はして下さいね。

千葉の撮影スポット南房総「屏風岩」の夕陽と岩 | カメラアマ

雪が降ればチャンス

あんまり降らない千葉の雪ですが、降れば降ったで普段では撮れない写真が待ってますね。

ストロボつけてパチリしに行きましょう。

いつもの場所が雪景色で変わります。

雪の撮影はストロボが必要なんだとわかった | カメラアマ

まとめ

毎月毎月、何を撮るか考えるのが難しいので自分宛の備忘録になりました。

もちろん他に気になる被写体があれば撮りに行きますが、今の所は大人しく上記の被写体で満足している。




スポンサーリンク

成田山に初詣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です